<< 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業 | main | 東の天然モンスター>東西芸人いきなり!2人旅 (前編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
JUGEMテーマ:オードリー
 
昨日(11月19日)のオールナイトニッポンの冒頭で、2011.10.22のスペシャルウィークの聴取率が発表されました。
ザ・ギース、ゆったり感、松井絵里菜をゲストに迎え、リスナーからコントのネタを応募したラジオコント「戦慄の腰掛」は、オードリーのANN史上、「ショーパブ芸人祭」以来の歴代一位タイの聴取率をあげたそうです。
おめでたい!!

本日の記事は、オードリーオールナイトニッポンのスペシャルウィークで披露された伝説のコント番組「戦慄の腰掛」を聞いた感想です。

「戦慄の腰掛」略して「せんこし」は、ちょうど一か月前。
なぜ今頃になって、というような記事ですが…

以下、数行だけ、オードリーともお笑いとも全然関係ない話です。

私が目の中に入れても痛くないほどに可愛がっていたジャンガリアンハムスター(2歳3か月)が病気になってしまい、看護もむなしく私の手の中で息絶えてしまいました。
ショックのあまりしばらくの間、茫然として過ごしていました。
人と話すことすらも辛くて、テレビを見ていても、車を運転していても、ぼーっとしていても、ただただ涙が出てきて困りました。
しばらくそんなこんなで、何をする気力もなかったのですが、ハムちゃんのお墓とともに庭に植えたストロベリーツリーの実が綺麗に赤く色づいてくるとともに、私の心の痛みも少しずつやわらいできました。
そして、ようやく、録画しておいたANNを聞く気力が出てきました。

「戦慄の腰掛」楽しかったです。
聞いていて久しぶりに、声をあげて笑いました。
笑うって大切だなって思いました。
すごく元気をもらったので、今更ではありますが、つらつらと感想を書きとめておきたいと思います。

---------------------

「ピカルの定理」にオードリーがゲストで出演したときの話のときに、若林がコント番組への憧れを語ったのをきっかけに出来たのが、ラジオで聞かせる往年のコント番組のパロディ「戦慄の腰掛」でした。

春日がタイトルを決め、リスナーからユニットのキャスティングやコントのネタを募集し、サトミツが寝ないで台本を書き、若林とサトミツとディレクターのヨシキ氏で、一時間でも時間が空いていたら、会議をしていたというこの企画。
若林は「なんか青春みたいになってた」と笑っていました。
そんな一夜のコント番組「戦慄の腰掛」は、ザ・ギースとゆったり感、松井絵里奈とオードリーの7名でお送り、です。

ANN冒頭は二人のトークから。15分で終わらせるように指示が出ていたそうですwいつもは30分オーバーがノルマと言われているからw

そして、いよいよお待ちかねの「戦慄の腰掛」スタート。
まずはメンバー全員がブースに登場。全員でひとしきり雑談。
・この「戦慄の腰掛」の趣旨がわかったか?(全員が今日わかったらしい)
・オードリーは22時にニッポン放送入りしたが、他のメンバーは20時に集合していたことについて(後でわかったが、オードリー抜きでオードリー弄りコントを密かに収録していた)
・松井ちゃんは今日はじめてコントを経験した。全くの初心者だったにもかかわらず、メンバー全員が彼女に頼っていた。

などなどメンバーが語っている裏では、まさにその時間を使ってチーム付け焼き刃が先刻まで収録していたコントを編集し、できたらすぐにラジオで放送し、その場でメンバーもはじめて聞く、という形式で進められていきました。

--------------

●OP
オープニングから、すごくかっこいい!
古き良き時代のコント番組のオープニングを彷彿とさせる、ノリノリのナンバーに合わせてメンバー紹介。
高佐「よろしく!」尾関「今日はいい一日にします」江崎「やってやるっしょ!」中村「しあわせだなあー」松井「がんばりますv」若林「はじまるよぉー」春日「よおおおおおっし!」


●春日語講座

ごんすなー!(←これを聞くと、とりあえず言いたくなる)
これは春日語がわかってるリスナーやファンが聞くとめちゃめちゃ面白いですが、春日語が全くわからない状態で聞くともっと面白く感じるのかもしれないなって思いました。願わくば春日語を知らない自分になって、脳みそを真っ白にして聞いてみたいと思いやすね。
本家本元なのに、台本の春日語をぎごちなく棒読みする春日のポンコツっぷりと、ギースの二人による例文のコントの巧さの対比が堪らないです。
なんでギースの二人が春日語で会話するだけで、こんなに面白いんだろう。
春日が同じセリフを言ったらイラっとするのに!
ところで、途中ミスした春日が「失敬」って言ってたのがまた笑う。
ここでこそ「失敬劇場」と言うべきじゃないのか!

この春日語講座はレギュラー化したらめっちゃ面白いと思いました。ってかこれ、テレビでテロップとか入れてやったらめっちゃ面白いだろうなー!!
ギースの二人が真面目に春日語やってくれるとほんとに面白い。
そして、「へす!」は私も言ってみたいわw


●江崎グリコD「緊急ニュース」

メールで好評でしたが、これ、私も大笑いでした。
やっぱり、ツッコミを楽しむという姿勢が、オードリーのリスナーでいる間に、少しずつ培われてきたのかもしれません。
江崎の全力のツッコミが、巧すぎず下手すぎず、とても心地よいバランスでした。
春日、また噛んでやがるーw


●緊急座談会「今、オードリー問題を語る」

現在、第二章に入ったといわれるオードリーの今後の動向が注目される。という座談会。サトミツの司会だって、後で気づきました。
そっか、春日はキャンナイのころから、モテなかったのかw
なんかちょっと当たり前すぎてカックリしちゃったわ。
春日=ゴキブリ問題を、全員で真面目に語り合うのが面白かったです。

----------

ここで、前半部分の放送を聴き終えたメンバーが興奮気味にトーク。

放送が始まってもまだ編集していたものを、できた途端にメンバー達と一緒に聞くというライブ感、最高です。まさに撮って出し。
座談会の収録はオードリーには秘密裏に行われていたらしいwオードリーの二人も驚き、そして入りが早かったことに納得。
若「だから、入ってきたとき皆打ち解けてたんだ」
30分〜40分くらいオードリーの悪口を言って、打ち解けたせんこしメンバーwww

春日語講座ではギースが春日語の解読ができず、春日に読んでもらうと、春日が適当すぎてどんどん変わっていってしまって大弱りだったそうです。
そんな春日語に、サトミツはD本(台本)作るのに大変だったらしいですw

江崎Dはほんとに個々がマイクの前まで走っていって収録したみたい。
緊張しまくってて目がバキバキになってた江崎。
ライブとかではどちらかというとツッコミよりボケ側らしく、しっかりしたツッコミをしようと全力投球しようとした結果、目がバキバキになってとんでもないオーラを出してたらしいw
でも、そのなんとも言えない緊張感とヘタウマな感じがすごく面白かったからいいんじゃないかなー。
そういう裏話がすぐ聞けて、リスナーとしてはさらにワクワクしました。

----------------

後半

●ウエディングケーキ

これ、はがき職人ツチヤタカユキ氏が投稿してきたコント案「ウエディングケーキが自我を持つ」っていうのを以前の放送で聞いたとき、正直「何が面白いんだろう」って思った私です。
その時から若林はめちゃめちゃウケてたのですが、全然意味がわかりませんでした。

しかし、実際ラジオコントで聞いてみたらめちゃめちゃ面白かった!
ギース尾関の巧さによるところも大きいんでしょうが、コントにすると、こうなるんだ!と目から鱗が落ちたような気がしました。
よく、ツチヤタカユキ氏のはがきを読んで若林がバカ受けしてたりするのは、男子校のノリみたいなのが面白いから、と思ってたのですが、このコントを聞いて、それだけではないのかも、と思うようになりました。
ツチヤワールドが繰り出す、バカバカしくてくっだらない、常識を超えた原風景を、若林は自分のイマジネーションで膨らませて面白がってんだろうな、と思いました。

新郎尾関も面白かったんですが、松井えりなちゃんの新婦役が大好きでした。
大阪のノリだったら新婦はもっと新郎の奇行に怒ったり批難しまくるような気がするんです。「ぐずぐずしてないで早くしなさいよ!早く!親戚のおじさんたちがびっくりしてるじゃないの!」みたいな感じで。
でも、えりなちゃんは怒るというよりキョトンとしている感じで、すっごくキュートでした。かわゆし。

最後、切られたウエディングケーキは悶絶しながらも「はっぴーうえでぃんぐぅぅぅ!」って言ってるのがいい!すごくいい。


●スキー

抜群の安定感のすべりでしたw
途中で風が吹いたところ(突然BGMが挟まった)のは、付け焼き刃のいたずら心でしょうかw
すべり男とスベリーナの競演、もっと見たいですな!


●うざい中村マネージャー

これはイラっとしましたねーーーw(褒めてます)
中村と春日、ほんとにキャラかぶりですね。
でも中村は言葉の流暢さがかえってイラっとし、春日は言葉を噛むのがイラっとするんで、根本的なとこが違うかw
「水中漫才」のリピートが面白すぎるwww


●たまりで反省会(エンディング)

収録終了後、たまりでトークしているという設定で、皆で反省会。
すげぇ仲良くて幸せそうな…。
私、すごく好きですこれ。
ほんとに、ほんとに、これが現実にテレビのレギュラーだったらいいのに、なんて夢見てしまうほど、素敵なエンディングでした。

DVDの当選者に、ハガキ職人の名前を読み上げるのもなんかいいです。
「名前を呼ばれたのを幸せに思え、DVDなんてあるわけないでしょ!」って、オチに使われてるしw
さらに、ラストにはハイライトでNG集。皆さんの噛みっぷりがまたおもろい。
NG集って嫌いな人いるのかしら。私はテレビの番組でもNG集見るのが大好きです。
春日のガチ間違い、春日らしくて最高です。
春日、緊張してたんだねw
ほんと、古き良き時代の番組のパロディで、こんなに幸せな気分になるとは、自分でも思わなかったです。

全体的に、すごくいい感じの仕上がりで、メンバーも大絶賛でした。付け焼き刃の面々カッコいいです。できる男です。
いつもはできない感じで若林に弄られてるくせに、やるときはやる。
本当にカッコいいな!

---------------

ここでラストのトーク。
ウエディングケーキのコントを、一回収録した後、「たまり」で話し合い、「徐々に痛がるほうがいいんじゃないか」という路線でもう一度収録しなおしたと語る若林。
リアル感を出すためにナイフのかわりにマイクの棒を持って演技したとか。
若「夢のような時間だった」
それとは対照的に、春日は、収録の最中に、若林が夢にまで見た「たまり」で、江崎と雑談しているのが全部マイクに入ってしまい、怒られてしまうw
楽しそうな様子がばんばん伝わってくるトークです。

リスナーからのメールがじゃんじゃん来てました。
皆、早めの続編も楽しみにしてました。
私も心から早めの続編を希望します。
そしていつか、テレビ(全国ネット希望、CSでも!)で、せんこしが見られることを心から望みます。

コントのネタは概ねどれも好評みたいですが、中でも江崎Dのが絶賛を浴びていました。私もあれ面白かったです。
好評価に気をよくした江崎が、ようやく落ち着いた顔になってきたのに対し、中村がだんだんトークに入ってこなくなり、暗い顔になってきたのを高佐が指摘w
中村は、自分がもっと褒められると思ってたようですww
「アンケート(メール)全部俺だろうと思ってた」と白状する中村にみんな大笑いw
その後もめちゃめちゃメールは来るも、中村は無視されつづけ、さらに言葉数が少なくなる。しかし最後にはちゃんと「面白かった、笑いすぎて隣室から壁を蹴る音まで…」と中村を誉めるメールが読まれ、めでたしめでたし。

次回を願って、今回のせんこしメンバー解散。

「メンバーが変わってるってこと、ないですよね」
「ないですないです」
「頑張ってコント勉強しときますー!」

ぜひ、第二弾、よろしくお願いしたいです。

-------------------------

メンバーが去ってから、オードリーの二人でエンディングトーク。
たまりにいる芸人に負けたくないねと思った、と「春日スイッチオン」トークをする春日に対し、若林はまだ、夢見心地でぽろぽろと本音を漏らしてました。

若「22時から24時の二時間弱で撮っただけであんだけ楽しいから。
一日中とってコント番組ってのは作られてる…「作られてた」んですよね。
それにあこがれて今回こういうのが実現したわけですから。
ほんとに疲れないね!楽しいから。全然疲れなかった!楽しかったし、ひたすら」
春「そうだね。これでどんだけの尺なの?」
せんこしは40分ちょいあったそうです。
春「じゃあ、あれだけでも全然、ひとつのコント番組になりそうですな」
若「けっこうね、飯とか食ってると疲れるんですけど」
春「(ふきだして笑う)」
若「(コント収録は)ぜんっぜん疲れないですね」
春「まあその、向き不向きってのがありますからね」

これらの他愛ない会話を聞きながら、歴史にも文化史にも詳しくない私ですが、漠然と「ルネッサンス」という言葉を思い浮かべていました。
もちろん髭男爵のギャグ「ルネッサーンス!」じゃないですw
「文芸復興」って感じでしょうか。

「せんこし」を聞きながら、もう見ることのない、楽しかったコント番組の数々を思い出しました。
くだらないし、下品だし、ばかばかしくて最高だった、バラエティー番組の数々を懐かしみました。

気が付けば、M-1は終了し、もはやネタ番組は絶滅しかかっている状態。
現在もなんとか生き残っている面白いバラエティ番組すらも、どんどん縮小されていってしまう。
おそらくバラエティだけではないと思います。伝統的な長寿番組ですら、スポンサー撤退によって打ち切りを余儀なくされている状態。

お笑い番組氷河期の中、オードリーがANNで企画した「せんこし」は、古き良き時代の楽しかったお笑い番組への愛情や憧れを、聴く者の心に訴えかけてきました。

今すぐにそんな番組にめぐり合うのは、無理かもしれないけれども。
今はモノ食って感想を言う番組や、VTRを見てコメントを言う番組ばかりかもしれないけれど、オードリーがこの気持ちを持ち続けてさえいれば、いつか、彼らの思いは、お笑いの「ルネッサンス」お笑い番組の復興へとつながっていくような気がしてなりません。

その日を信じて、オードリーのお二人には、今は目の前のお仕事を、文句言いながらも、楽しんでいってほしいなぁ、と、ラジオを聞きながらしみじみと願うのでありました。
| オールナイトニッポン | 22:50 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:50 | - | - | pookmark |
コメント
はじめまして!
若林の芸人交換日記のDVDを見たあとこのブログにたどり着きました〜。
ブログの内容大変おもしろいです。楽しみにしてます^^
| 太朗 | 2012/03/18 11:38 PM |
そうですよね。
時代を恨んでばかりいても仕方ないですよね。
今すぐは難しくても思い続けていれば叶う。
しばらくはVTRみてコメント言うだけとかばかりでも…
TVで「せんこし」 が実現するまで生きる!
| じぇりこ | 2011/11/21 12:39 AM |
お久しぶりです!
ANN聞いてから、愛さんのブログ読むと楽しさ2倍!
更にもう一度ANN聞くと更に楽しさ2倍!
2ば〜い!2ば〜い♪(わかる人だけわかってくださいw)
とってもお得な気分です+.(Ф∀Ф)゚+.゚
| 涼子 | 2011/11/20 11:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chachara58.jugem.jp/trackback/335
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

WEB CLAP

ARCHIVES

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン96
クイック・ジャパン96 (JUGEMレビュー »)
若林 正恭,田中 圭,中村 珍,ジョージ 朝倉,土屋 太鳳,石川 直樹,鈴木 おさむ,ももいろクローバー,百田 夏菜子,諫山 創,新井 英樹,井上 智徳

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン95
クイック・ジャパン95 (JUGEMレビュー »)
ももいろクローバー,百田夏菜子,中村珍,玉井詩織,佐々木彩夏,有安杏果,高城れに,山里亮太,清竜人,電気グルーヴ,石井光太,二階堂ふみ
鈴木おさむと若林との対談ページ有りv

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス)
M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス) (JUGEMレビュー »)

オードリーのインタビューも写真もいい。タクシー運転手の原田さんが、敗者復活会場からオードリーを乗せたときのエピソードが楽しかったですw

RECOMMEND

ダイナマイト関西2010 first [DVD]
ダイナマイト関西2010 first [DVD] (JUGEMレビュー »)

副音声がバッファロー吾郎と若林って、絶対欲しい〜!スリムクラブ真栄田と若林との因縁の対決も見たい。

RECOMMEND

内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD]
内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD] (JUGEMレビュー »)

#80 「若林の悩みを是が非でも今すぐに解決したい男達」が収録されてます。若林の果てしない悩みと、うんざりするウッチャン達が超面白かった!

RECOMMEND

オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ)
オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周
再版にあたり、当書のファンである若林が解説を担当。11ページにわたるそうです。文庫本なのでお手軽なお値段なのも魅力。

RECOMMEND

ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

表紙をはじめ、各写真が最高!記事も対談もコラムも面白い!

RECOMMEND

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ (JUGEMレビュー »)

中身充実。トーク本文はもちろん、注釈や二人の写真ギャラリー、後書に至るまで、素敵な一冊です。

RECOMMEND

クイック・ジャパン92
クイック・ジャパン92 (JUGEMレビュー »)
大場つぐみ,小畑 健,水谷豊,吉田豪,高須光聖,松嶋尚美,町山智浩,なばたとしたか,板尾創路,石川直樹,蒼井そら,麻美ゆま
オードリー36ページ特集有り。山ちゃんやウッチャンのコメントがいい。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

splash!!Vol.3
splash!!Vol.3 (JUGEMレビュー »)
山里 亮太,オードリー,田中 卓志,サニーデイ・サービス,ジャルジャル,andymori,THE BAWDIES,伊集院 光,有吉 弘行,鳥居 みゆき,潜在異色
全192ページ中、潜在異色の記事が96ページもあります。若林&山里ロングインタビューは必見。

RECOMMEND

オードリーのオールナイトニッポン [DVD]
オードリーのオールナイトニッポン [DVD] (JUGEMレビュー »)

オードリーのANNファンなら
買って損は無し。
これを見たらますますラジオが楽しみになります!

RECOMMEND

RECOMMEND

オードリー DVD
オードリー DVD (JUGEMレビュー »)

ショートアメフト好きですv

隠しトラックにある、春日がネタ書いたコントもツボだったりします。

RECOMMEND

M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]
M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD] (JUGEMレビュー »)

決勝1本目の「引越し」は、
何度見てもヤバイくらいかっこいい。

RECOMMEND

ぜんぶウソ VOL.1 [DVD]
ぜんぶウソ VOL.1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

特典映像のDJ若林の哀愁がツボですw

RECOMMEND

原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD]
原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD] (JUGEMレビュー »)

密かに若林がかなり映ってる。
春日vsシウバの戦いも必見。
隠れたオードリーコレクション。

RECOMMEND

RECOMMEND

READ

あわせて読みたいブログパーツ

Twitter

Counter

je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ

PROFILE

SPONSORED LINKS

RECENT COMMENT

  • 東の天然モンスター>東西芸人いきなり!2人旅 (前編)
    ゆり (05/07)
  • なぜ春日のトークは面白くないのか(原因究明編)>コレアリ
    hayuru (04/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    太朗 (03/18)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    じぇりこ (11/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    涼子 (11/20)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    じぇりこ (09/27)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    kazuchacha (09/27)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    愛 (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    母さんナース (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    みゆまま (08/22)

MOBILE

qrcode

LINKS

SEARCH