<< 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。 | main | お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
JUGEMテーマ:オードリー

 <笑っていいとも!2011年9月26日>


本当に久しぶりに、リアルタイムで「笑っていいとも!」を見ていました。
最後の最後にまさかの告知があるとは、そのときには思いもよりませんでした。


春日はお馴染みのどぎついピンク水玉ベスト、若林は紺・青・白の寒色系のチェックの長袖シャツに黒のベスト。
ちょっと前までは半袖のTシャツに短パンだった衣装。
デニムのジーンズは先週くらいまでの半ズボンとは違って足首まであるものでした。
「そろそろ冬服に衣替えだねぇ」とお茶を飲みながら眺めてました。
しかし本当に若林は痩せましたねぇ。
髪型も短くなり、顔のラインがシャープになったなぁと思います。


☆AKB38


今日のお題は「制限時間38秒の間に、100円玉を38枚貯金箱に入れる」
一斉に、レギュラー陣の表情が明るくなりました。
タモリ「簡単でしょ」
みんな一斉にうなずいています。
淳「今までで一番簡単でしょ」
タモリ「一秒に一枚(入れたらクリア)」
春日「(硬貨を入れるジェスチャー付で)すっと入れられますよ」
タモリ「サービス問題です」


タモリが「やりたい人ー」と言うと、全員が手をあげました。
春日はぴんと天井にむかってまっすぐ。若林はやや遅れて勢いよく。


タモリがメンバーの名前が書いてあるボールをひきました。
いつもここで焦らしてみせるのですが、今回はけっこう簡単に見せてくれました。
ちらちらっとみせると若林の名前が。
わかったとたんに、やや落胆したようにボールを箱に投げ入れるタモリ。
だめだわ、と言わんばかりの表情に、レギュラー陣も一斉に
「えーーーー!!」
会場も一丸となって「あーーーー!!」
淳「不器用なんだよなーーー!」
若林、勢いよく一歩前へ出たのに、客席の「あーー!」に口をあんぐり。
若「まだ何にもしてないから!今の「あーー!」がひっかかっちゃって(胸をたたく)まともにしゃべれないですけど」


今、これを書きながら、もしかしたら箱の中のボールには、「若林」しか入ってなかった、なんてこともあるかもしれないなー、と、ふと思いました。


100円玉が38個散らばった机に近寄った若林。
ポストの形をした貯金箱を見ると、
若「これ、こっち…こっち(自分の方)に向けていいですか、ここですもんね、(硬貨を入れる)穴」
生野アナ「はい」
しかし、貯金箱を手にしたタモリは、無言のまま、貯金箱を机の隅にガン!と置いちゃいました。
その仕草を、否定と受け取り、がっくりする若林。
若「きびしーー!」
だめだよー、とワイワイ言うメンバーの横で、春日も助け舟をこっそり出してました。
春「きびしいな、だめなんだ、だめなの?」


でも結局、お許しが出ます。
タモリ「ま、いい、どっち向けてもいい」
メンバーは口々に「手に持ってもいい」「いけるよ」
と若林を応援します。
しかし若林はさらに首をかしげます。
若「集めてぇ(100円をかきあつめるしぐさ)いくか、一枚ずついくかぁ」
一度かきあつめてから硬貨を入れるほうが効率がいいのか、ちらばっている一枚一枚をいちいち拾い上げて入れるほうがいいのか、そういうところで悩むのが若林らしいなぁと思いました。
慎吾くんや可奈子ちゃんが「集めたほうがいい」という中、若林もうんうんとうなずき、集める方向でいこうとしたとき。
タモリが「なんで?」
呆然とする若林。
若「はい?」
淳「(手にいっぱい100円をもって、貯金箱に流し込むような仕草)こうやって入れるってこと?ジャラジャラって」
若「い、いや、一箇所にあつめていくか、一枚一枚、こうやって(ばらばらのまま拾って)いくか」
タモ「だってこれ、集める時間より、一枚ずつ、こう取っていくほうが、短くてすむんじゃないの?」
タモリと淳は、ばらばらのまま拾う派らしい。
すると若林は
若「そ…そうっすね」と即答w
一同大笑い。
メンバーは口々に
「自分の思ったほうがいいよ」「集めるの?」等々若林に詰めよります。
淳「集めていくの?」
若「あつめましょう!」
淳「俺は、集めないほうがいいと思うな!」
若「え、あの……(意見)割れてるねえーー」
あちこちを振り返り、困り果てる若林に会場からも笑いが。
メンバーは相変わらず集める集めないを口々に告げます。
亮「集めたほうがええって」
淳「だってお客さん、ボールペンもらえるかどうかだもんね」
淳がお客さんを促すと、
客「ほしいーーーーー」


若「まかせてください、かならずっ!もってかえってもらいます」
おお!かならずだな!と淳が激励を飛ばす中、若林はさらに
若「真ん中、とって…」
二つの意見の折衷案、という意味だったと思うのですが、その言葉はタモリの
タモリ「よおーーい!スタート!」
で遮られてしまいましたw
え、もう?と大慌てでしゃがみこむと若林は真剣に100円を貯金箱へ入れはじめました。
特にモタモタはしてなかったのですが、最初はばらばらの硬貨を拾い集めては入れ、中盤からは、ある程度集めては入れ、集めては入れ、という、両方の意見を合わせた策をとることにしたみたいです。
しかし!あと100円玉ひとつ、というときに、タイムアップに!!
隅っこひとつだけ残った100円に、会場からどよめきとブーイング!!
淳「なんで最後あきらめた?」
若「だれかが!終わりって言ったから!!」
ブーイングの中、大声で言い合う淳と若林。
淳「なんで最後あきらめたの!」
客「ええええーーーー!!!」
収拾つかないくらいに騒がしい中、春日の声ははっきり聞こえましたw
春日「だめだこりゃあ!」
すると若林が、くるりと中央を振り返り、
若「10:0で俺が悪いです!すいませんでした!!」
頭を深々と下げて謝罪した後も、まだ。
若「いや、時間をいってくれないと!」
亮「言ったよ!」可奈子「言ったよ!」
タモ「とにかくやりゃあいいんだよ!」
騒然とする中、オープニングテーマが流れ、拍手がきこえはじめ、にぎやかになるスタジオの中央で、若林は天を仰いで
若「興奮してたー!もうしわけないーー!」


一同が「いいとも!」と手を突き上げた時にも、若林だけ
「もうしわけないー!」
と絶叫しながら拳を高々とをあげてました。
隅に立ち、「くぅーーー!」と顔をあげた春日も「いいとも!」と高々と拳をつきあげてました。


☆1位じゃナイン


いつもの並びを見ながら、珍しいなあ、とちょっと思ったのです。
今日は、可奈子ちゃんが一番目で、二番目は大概ゲストさんの席でした。
そうすると、順調に進めば、2周目で最後の一位を選ぶか否かの選択を、ゲストさんがすることになるのです。ある意味、とても美味しい席です。
そこに春日が居ることに、ちょっと珍しさを感じてました。
そして若林は一番最後尾に居ることが多かったのですが、今回は最後から二番目、亮の前でした。
失敗したらゴーヤの原液を飲むことになってました。
罰ゲームのものまねは終了なのかな。面白かったけど。


今日はおとりよせ豆腐スイーツ人気ベスト10。
10位を当てる確率が非常に高いかなこちゃん。非常に優秀な先頭打者の可奈子ちゃんが自信を持って選んだらくがんがまさかの6位。
今回のベスト10は、波乱の予感です。
春日「さあみなさん方、今週は早めの登場です。おめでとう!」
(客がいえーーい!と手をたたく)
若「誰も注目してないよお前に!早く言えっ!!」
いつもより突っ込みが激しいなあ若林。声がよく響きます。
カメラ目線を崩さない春日をおちょくるように、カメラがどんどんきりかわります。それにも慣れた視線で、春日スマイルを続行する春日。
春「これ、やはりね、豆乳をつかったヘルシーなスイーツとういうことでね、(早く言えー!と若林が散々突っ込む)
結構年上のおねえさん方に、人気あるんじゃなかなと。そう思うの。
となってきますと、変化球はいかない…」
相変わらず長々と語る春日に、慎吾くんがつかつかと寄ってきて。
慎吾「らくがん」
手渡された真っ白くて小さいらくがんを見た春日。
左手にちょこんと乗せて、右手を添えてにっこり。
春日「らくがんカワイイ。…(向き直って)なんで、持たしたんですか?」
くだらないコントに、若林が大声で生放送だぞぉ!と突っ込むも、春日は再度、
春「らくがん、カワイイ!!(上機嫌)」
亮「もっかい、やったw」
淳「かわいいね、たしかに」
ロンブーのお二人にフォローされてる春日。
春「そうしますとですね……ええ(今度は八つ橋をもたされて)八つ橋、かわいいい〜」
春日が遊ばれているすきに、慎吾くんがいきなり。
慎吾「じゃ、豆乳アイスケーキで」
勝手にめくろうとしてしまう慎吾くんに、春日大慌て。
春「ちょ、ちょっとまって、危ない!危ない!!……おはぎケーキ!」
おはぎケーキを選択しているのに、さらに慎吾くんは聞こえないふり。
慎吾「豆乳アイスケーキか豆乳ラスク、どっちかですね〜〜」
春「ちょっと!なんで二択なんですか!」
可奈子「はやくえらんでーー!」
泣き顔で懇願する春日の選んだおはぎをオープンするも、まさかの二位!
春日「うわーーーーーーー!!!!!(泣く)」
いきなり2位になってしまった春日の回答に、一同騒然。
慎吾「今日はなかなか難しいみたいで、らくがんと八橋で遊んでたから、僕も見てなかったからびっくりしましたw」
そして、淳が当てたあと、若林の番。
慎吾「わかばやしーー!」
お、珍しくちゃんと名前を呼んでもらえたな。
喋り始めようとした若林の横で。
淳「今日は、俺、冴えてるなーー!」
若「俺の番です、俺の番!」
淳「あ、ごめんごめん」
若「余韻もあったと思うんですけど、俺の番です、えーと、いつも定番が…」
タモリ「7位がまだあいてない」
今回はどうやら、若林はしゃべらせない弄りみたいですw
若「あの俺の番ですがタモリさん!俺の番がきてます、いいですか!」
今日は誰にも強気な若林です。タモリに説教。
タモリ「あ、そう」
若「いつも定番が……」
淳「8位も……」
若「あーまた!!」
淳をはじめ、誰も若林の発言を遮りますw


若林「学習していないー!」
慎吾「はーいタイムアップ!豆乳ロールケーキ!」
ロールケーキはやばい!
そういう感じがありありとしているのに、若林の意見を無視して強引に順位をめくろうとする慎吾くんに、机から身を乗り出して若林も抵抗。
若「いや、うわわわあぶない!!ラスクだと思うんですよーーーー!」
えーー?ラスク?と懐疑的になる会場の空気の中、若林は必死で説明。
若「おれ、定番がいつも一位になるから、(下位は)ラスクかレアチーズかとおもって、でもラスクのほうが値段が高いんで、ラスクでいかせてください」
若林の予想は的中。見事、ラスク7位!
拳を突き上げガッツポーズをとる若林。
次は亮の番なのに、興奮気味にまだ喋る。
若「定番なのが、いつも一位にくるからぁ、俺がラスクがぁ」
大声でしゃべる若林の肩を、となりの亮がつつきます。
亮「ちょっと、俺の番やし!同じミスをおかしているよ!やめてくださいっ!」
肩をすくめて笑う若林、非常にうれしそうに亮を振り返りました。
若「やってみたくなっちゃってw」
今日はなんか攻めてますね。
亮さんがアイスケーキを選んだところでCM。
アイスケーキ、美味しそうなんだよな。
メンバーが口々に、「(アイスケーキは)危ないよ!あぶ!あぶ!」と春日語で言い合ってました。春日語浸透中。


亮も見事に正解、可奈子ちゃんも抜群のチョイスで、最後の選択が春日に回ってきました。
チーズケーキかロールケーキが一位か三位。


春「来たーー!いやーー!おくさま、またお会いしましたね」
春日のアップです。カメラを見つめたまま視線をはずさぬ春日。
若「あいたくないんだよお前なんかに!」
背筋をぴんと伸ばした春日。
堂々と、こう言い放ちました。


春「さあ、究極の選択でございます。春日、人生のターニングポイントを迎えております!」


若「何やってんだよお前!早く選べ!」
春「究極の選択!」


(若林「お前くらいだぞ、カメラさんが○×△%$………)


春日「定番が一位だと思っていたのですが、さきほど私、(下位だと思っていた)おはぎケーキを二位だったんで」
若「はいはいはい」
春「これ、意外や意外、「レアチーズケーキ」じゃあ、ないかと」
一同「ほう」
慎吾「みんな、難しいから反応がね(客の)どっちもだもんね」
芹那「でもぉ、あのサイズのものを、おとり寄せしますかぁ?」
春「だまらっしゃい!」
若「お前だよ!」
ゲストの芹那ちゃんに一喝する春日。芹那ちゃん大笑い。
芹那「へへへへへ」
さらに身を乗り出して熱弁しようとした春日だが、机においていたらくがんが落下し、ちょっとした騒ぎになりました。
春「あーー!おとした!」
慎吾くんがすっと春日の前に出て拾い上げ、らくがんを春日へ渡すと。
淳「春日、落としても?」
春「かわいい」
またさっきのように、手の平にのせて顔の横にかかげ、春日スマイル。


若「なんなんだよさっきからぁ!」
春日「(三位)ロールケーキいきましょ」
客「えーーーー!」
どうやらお客も、ロールケーキのほうが一位だと思ってるみたい。
えーー!と大声で言う客に。


春「だまらっしゃい!春日の道、春日の人生!口出ししないで」


若「興味ないわお前の人生なんて。
慎吾「さあ、ロールケーキは三位か?」
若「「あぶ」だよ」
春「あぶじゃない!」
見事に、ロールケーキ三位。


春「ありがとう!応援、ありがとう!」
慎吾「一位、レアチーズケーキ」
おお、お見事。私もロールケーキだと思っちゃったよ。


若「応援は誰もしてなかったけど、……すごいよなぁ」
若林が春日を見上げて言うと、一同も、うんうんとうなずきます。
「すごい!」
こちらのレアチーズケーキは、スティックタイプにしたところ、注文が増大したそうです。



☆ベストハウス


土屋アンナの仰天エピソード二つのうち、本当にあったエピソードを当てるというもの。質問タイムで手をあげた春日に淳が当てました。
淳「きゃ〜すが」
春日「春日です」
えらそーに訂正した春日。アンナの「知らない人の車に乗り込んで寝ていたら、知らないところにつれてかれた」というエピソードに質問。


春「B、なんですけど、いったいどこまで(車で)行ったんだと」
会場から、あー、という納得の声があがってました。
アンナ「渋谷です」
案外近場だったらしい。
この問題は、全員が正解してました。


第二問目の質問タイムは、若林が当てられました。


淳「えーと、若……」
若「ばやしです。Bなんですけど、え」
質問をしようと息をしたとたん、カンカンカンカン!と終了のチャイム。
目を丸くした若林に、会場は大爆笑。


淳「タイムアーップ!」
にやりと笑って若林に告げた淳に、若林が呆然として言い返しました。
若「いやなかおー!」
淳「タイムアップとは時間切れのことです」
若「それはわかってますよ!…、えーーー!!」
淳「お・時・間!」


見事にチャイムに弄られた若林でした。もちろん質問はできずじまいw


☆曜日対抗いいともCUP


ジェスチャー当てクイズ。正解数を競う競技。
可奈子ちゃんが回答者。ほかの五人が一列に並んでジェスチャーします。
これは、見ていて「へえ、意外だ」と思いました。さすがに。
だって、若林と春日が中央に居たのですから。


問1「野球」
みんなでバットを振るポーズ。


問2「結婚式」
これは笑いました。とっさに春日が若林の腕に腕を組み、結婚式の記念写真のポーズ。もちろん自ら花嫁の雰囲気で。
亮がさらに反対側から若林に腕を組んでましたw
それじゃ両手に花??
その後亮はすぐにオードリーの後ろにまわり、ピースサインをして結婚写真の雰囲気を作ってました。


問3「満員電車」
みんなでつり革にぶらさがってました。さらに亮と慎吾くんが両端からオードリーの二人を押して、おしくらまんじゅう状態に。


問4「オーケストラ」
若林がすぐにクラリネット?のポーズ。そしてフルートのポーズもしてました。
フルートは右と左が逆だったんですけどねw
春日はみなが楽器をしているのを見て、指揮者のポーズをとってました。


問5「KARA」
一斉にお尻を振る5名。可奈子ちゃん大笑い。


問6「ジェットコースター」
若林と春日を先頭に、皆で列になって、ジェットコースターにのって上下していました。


問7「応援団」
若林がすばやく太鼓をたたくポーズ。
春日と亮が若林の両側で両手をたかくあげて応援のポーズをとってました。
淳と慎吾くんは適当に合わせてる感じwゆるいw


問8「マージャン」
さっそくマージャンパイを並べる若林を中央に、春日、亮、慎吾の四人で卓を囲んでパイを積み始めました。
淳はさっと亮の背中をおして「いけ」と命令。


問9「流しそうめん」
若林がそうめんを箸でつまんで食べる、春日がそうめんを器によそって、慎吾が高いところからそうめんを流していました。


ここでタイムリミット。可奈子ちゃん最後の問題だけはわからず「ラップ?」と答えてました。



ここでアンナさんと芹那ちゃんから告知がありました。
もう私も画面から目を離しつつあったのですが。
そのとき。
タモリ「さてオードリーが」
え、なんか告知あるの?と見直したら。


タモリ「今日で卒業です」



えっ!?ええっ!?


若「そうなんですよ」
オードリー二人が前に出ると、会場が「えーー!?」と騒ぎに。


春「そうなんですよ、残念ながら、あ、あら、やだあ」
前に出てきた二人の背後から、クルットとハリーが花束を持ってきました。
花束を見た二人は、「えーー!」とうれしそう。
若「あらー」


タモリから若林へピンクのラッピングの花束が手渡されました。
春日はハリーからオレンジ色の花を受け取りました。
若「俺がピンクでいいんすか」
ピンクにこだわる若林www


タモリ「こっちがピンクなんだよw」
若「俺がピンクでぇ?」
ピンクで?ピンクで?と笑う若林。オードリーは笑顔ですが、会場はなんかシーンとなってました。
淳「急だなっ!」


タモリが春日にマイクを向けて「何年?」ときいてきました。
春日「二年くらいです」
若「丸二年。はい」


タモリ「けっこういろいろあったな、2年の間に」


二人「いろいろありましたね〜」


会場がざわざわしていました。
え、走馬灯のように色々振り返れないんだけど、動揺してるんだけど私っ!


すると、若林が前に出てきて、大きな声で
若「打ち上げあるとき幹事「だけ」やりますんで。ぜひ呼んでください」
そういえば、金曜日でも月曜日でも、「幹事のできない若林」ネタは共通の弄られポイントでした。
春日は横で真顔でうなづくと、
春「やれないでしょうけど」
会場は若林の意外な申し出に大笑い。


タモリ「おつかれさんでした」
オードリー「ありがとうございました!」
二人、花をあげて


春日「ありがとう!」
若「ありがとうございました!」


タモリ「明日も見てくれるかな?」


普通、メンバーは手をあげるだけですが、今回は、若林だけは
若「いいとも!」
と叫んでました。



---------------


リアルタイムで見ていたときは、まったくなんとも思わなかったのですが、文字に書き出してみて、改めて気づきました。
いつもにも増してがんばっているオードリーと、そんなオードリーをさりげなくメインに出してあげているメンバー達。
特に若林は、ガヤも声が大きかったと思います。
相方への突っ込みも当社比2倍くらいw
散々突っ込んだかと思えば、1位じゃナインで三位を当てた春日へ「お前、凄いな」と賞賛するのも珍しいことでした。
思えば、若林が亮の出番を遮ったのも、彼なりのささやかな憧れを、最後に叶えたかったのかもしれません。


春日は、最後の最後まで春日だったような気がしますがw
そこが彼の凄いところだと思います。


2年間。タモリも言ってましたが、色々あったなあぁ、と思います。
最初は「タモリさんに名前を覚えてもらえないかも」と言っていた若林が、まさか、ここまで散々にいじられるとは思ってませんでした。


特に金曜日時代は、本当に色々と思い出します。
初めてのいいとものとき、なかなかガヤすら入れられなくて「どうにかしてタモリさんを叩いてツッコミしたい」とオールナイトニッポンで作戦会議をたてていた二人。
恋愛川柳で、作者の名前を伏せていても春日だけは絶対に分かってしまったりw
可愛かった春日のベスト企画。後半はもはや、ぬいぐるみ付きコスプレとなっていた春日でした。
若林の演技があまりにもへたくそで、演技下手弄りコーナーまでできてしまったこと。
春日が骨折したときは、等身大(いやそれ以上の大きさだったか?)の春日パネルがCMの間スタジオ中央に置かれていたっけ。


金曜日にベッキーが移動してきたときの二人の大興奮。
初めてのコーナー司会で、地味だからと黄金のジャケットを着せられた若林。
藤森&若林のチャラ男&ジミ男コンビ。仲いいんだか悪いんだかわからないけど、タモリとゴルフまで行くようになってました。


月曜日に行ってからは、オードリーがMC出来るようなコーナーがなくなっちゃったけど、若林亮のコーナーでまとめて弄られたり、セミや浴衣を着せられたり、とにかく弄られ役を一手に引き受けていた若林。
そして春日はカメラさんに振り回され、お客様に巻きを入れられ、タモリや慎吾くんに無視されても常に春日スマイルで、とても楽しませてもらいました。



コレアリの番組終了は、その前からそれとなく最終回のコーナーが続いていたので、なんとなく心の整理がついていたので、笑って最終回を迎えられたのですが、いいともの卒業は、まるっきり考えてなかったので、衝撃もひとしおです。


まだまだ見所もあったんじゃないかと思うし、オードリー自体の勢いや人気を考えても、まさかまだ卒業はないだろう、と思った矢先の、まさかの出来事でした。


いいともを二年間で、このタイミングでやめるっていうのは、どういう意味を持つのだろう、と思ったのですが、ぬるいお笑いファンの私には想像もつきません。
ただ、二年間でいいともを卒業している芸人って、そんなに珍しくはないみたいです。
ナインティナインは約二年、よゐこや南海キャンディーズも二年。キャイーンは一回卒業してまた戻ってきて二年間ほどのレギュラーです。
その後の彼等の活躍を思えば、いいともを長く続ければいいってもんでもないのかもしれません。


また、オードリーファンとしては、オリラジという存在が心強いです。
いいとも卒業してからさらに再ブレイクを果たして成長しているオリラジ。
いいともを卒業すること=落ち目になるわけではない、という好例だと思います。
それに、もしかしたら、…オードリー卒業の裏側には、色々な大人の事情もあるのかもしれません。
そんなことは考えてもしょうがないですし、見てる自分には、どうでもいいことです。


つねに、自分の予想などはるかに超えた活躍をしてきたオードリーのことですから、笑っていいともを2年間であっさり卒業し、「え、まだ卒業するには早いんじゃない?」と思われながらの幕引きも、彼ららしいのかもしれません。


あの春日はいいとも最後の日、かく語りき。
「だまらっしゃい!春日の道、春日の人生!口出ししないで」


ロールケーキにするかチーズケーキにするかの、些細な選択の際に出た大げさな春日らしい言葉でしたが、この言葉は、いいともを後にする春日の、隠れたメッセージだと思うことにします。


そして、これも。
「春日、人生のターニングポイントを迎えております!」



ふと、若林の言葉を思い出しました。
これってオールナイトニッポンで言ってたのかな、いや、もっと前かな。
下りのエスカレーターに乗ると、歩くのを止めたら自然に下がって行くから、常に駆けあがって上に登っていかないといけない状態を自らの現状にたとえていました。細部は覚えてないけど。
オードリーが、もっと上に駆け上がるために、この「いいとも卒業」は、ひとつのステップになるのかもしれません。


2009年秋に大ブレイクし、笑っていいともにレギュラー入りしたオードリーは、この二年間で、「一発屋」「旬」などという言葉が似合わない存在になっています。


もう、オードリーは『「笑っていいとも」レギュラー』の肩書きで満足する立場ではなく、自分達の力で代表番組を作っていかねばならない時期に入ったのだ。と私は自分に言い聞かせます。
考えてみれば、毎週いいともがある、という状態に慣れすぎていて、最近はワクワクしながらいいともを見ることも少なくなってきたような気がします。
金曜日のころの、毎週どきどきしながらいいともを見て、見切れるオードリーを見ながら笑っていたころの気分を、いいとも卒業という事実とともに、まざまざと思い出しました。


いつも、自分の予想などまったく当てはまらない活躍を続けるオードリーからの
「暢気にしてる場合じゃないぞ、刮目せよ!」
という、メッセージをいただいたような気もします。
ほんとに、彼等には心動かされ、驚かされ、ドキドキさせられます。
これから、何が彼等に起きるんだろう。
さらなる彼等の暴走っぷりを、できるかぎり見つめていたいと改めて思いました。


そして、できれば、地方にも見られる局での活躍が多いとうれしいなあ!!!(地方民の叫び)

| 笑っていいとも! | 00:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:32 | - | - | pookmark |
コメント
読んでて涙でてきました。
昨日の卒業はあまりにも青天の霹靂でショックを引き摺っていましたから。
(コレアリの時は心の準備があったのでまだ落ち着いていられたので)
言われてみれば、「人生のターニングポイント」とか、隠れメッセージが散りばめられていたのかしら。
「クビ」とは違うとは思っていますが、月曜メンバーは私はお気に入りだったし、なんと言っても国民的番組から姿を消すというのは寂しすぎて…(/ _ ; )
でもブログ読んで楽しい部分を思い出してきたから、また再生して楽しんじゃおうかなと思いました。
お邪魔いたしました(^-^)
| じぇりこ | 2011/09/27 4:06 PM |
マダム愛さん、こんにちは。
オードリーいいとも卒業で、心がモヤモヤしていたのですが、愛さんの文章を読んで元気になりました!
目に涙ためながらですが(笑)・・・


そうですよね。次のステージに行く為のステップですよね。
彼らは、止まることなく歩み続けているのですね。

いいとも卒業でショックでしたが、改めて
すごく大事な存在だということを実感してしまいました。
「何があろうと、私は変わらず、ずっと彼らを応援し続けていたい」と思いました。

ありがとうございます。
私も、前向きに進めそうです☆




| kazuchacha | 2011/09/27 12:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chachara58.jugem.jp/trackback/334
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

WEB CLAP

ARCHIVES

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン96
クイック・ジャパン96 (JUGEMレビュー »)
若林 正恭,田中 圭,中村 珍,ジョージ 朝倉,土屋 太鳳,石川 直樹,鈴木 おさむ,ももいろクローバー,百田 夏菜子,諫山 創,新井 英樹,井上 智徳

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン95
クイック・ジャパン95 (JUGEMレビュー »)
ももいろクローバー,百田夏菜子,中村珍,玉井詩織,佐々木彩夏,有安杏果,高城れに,山里亮太,清竜人,電気グルーヴ,石井光太,二階堂ふみ
鈴木おさむと若林との対談ページ有りv

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス)
M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス) (JUGEMレビュー »)

オードリーのインタビューも写真もいい。タクシー運転手の原田さんが、敗者復活会場からオードリーを乗せたときのエピソードが楽しかったですw

RECOMMEND

ダイナマイト関西2010 first [DVD]
ダイナマイト関西2010 first [DVD] (JUGEMレビュー »)

副音声がバッファロー吾郎と若林って、絶対欲しい〜!スリムクラブ真栄田と若林との因縁の対決も見たい。

RECOMMEND

内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD]
内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD] (JUGEMレビュー »)

#80 「若林の悩みを是が非でも今すぐに解決したい男達」が収録されてます。若林の果てしない悩みと、うんざりするウッチャン達が超面白かった!

RECOMMEND

オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ)
オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周
再版にあたり、当書のファンである若林が解説を担当。11ページにわたるそうです。文庫本なのでお手軽なお値段なのも魅力。

RECOMMEND

ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

表紙をはじめ、各写真が最高!記事も対談もコラムも面白い!

RECOMMEND

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ (JUGEMレビュー »)

中身充実。トーク本文はもちろん、注釈や二人の写真ギャラリー、後書に至るまで、素敵な一冊です。

RECOMMEND

クイック・ジャパン92
クイック・ジャパン92 (JUGEMレビュー »)
大場つぐみ,小畑 健,水谷豊,吉田豪,高須光聖,松嶋尚美,町山智浩,なばたとしたか,板尾創路,石川直樹,蒼井そら,麻美ゆま
オードリー36ページ特集有り。山ちゃんやウッチャンのコメントがいい。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

splash!!Vol.3
splash!!Vol.3 (JUGEMレビュー »)
山里 亮太,オードリー,田中 卓志,サニーデイ・サービス,ジャルジャル,andymori,THE BAWDIES,伊集院 光,有吉 弘行,鳥居 みゆき,潜在異色
全192ページ中、潜在異色の記事が96ページもあります。若林&山里ロングインタビューは必見。

RECOMMEND

オードリーのオールナイトニッポン [DVD]
オードリーのオールナイトニッポン [DVD] (JUGEMレビュー »)

オードリーのANNファンなら
買って損は無し。
これを見たらますますラジオが楽しみになります!

RECOMMEND

RECOMMEND

オードリー DVD
オードリー DVD (JUGEMレビュー »)

ショートアメフト好きですv

隠しトラックにある、春日がネタ書いたコントもツボだったりします。

RECOMMEND

M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]
M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD] (JUGEMレビュー »)

決勝1本目の「引越し」は、
何度見てもヤバイくらいかっこいい。

RECOMMEND

ぜんぶウソ VOL.1 [DVD]
ぜんぶウソ VOL.1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

特典映像のDJ若林の哀愁がツボですw

RECOMMEND

原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD]
原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD] (JUGEMレビュー »)

密かに若林がかなり映ってる。
春日vsシウバの戦いも必見。
隠れたオードリーコレクション。

RECOMMEND

RECOMMEND

READ

あわせて読みたいブログパーツ

Twitter

Counter

je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ

PROFILE

SPONSORED LINKS

RECENT COMMENT

  • 東の天然モンスター>東西芸人いきなり!2人旅 (前編)
    ゆり (05/07)
  • なぜ春日のトークは面白くないのか(原因究明編)>コレアリ
    hayuru (04/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    太朗 (03/18)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    じぇりこ (11/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    涼子 (11/20)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    じぇりこ (09/27)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    kazuchacha (09/27)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    愛 (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    母さんナース (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    みゆまま (08/22)

MOBILE

qrcode

LINKS

SEARCH