<< 若くないとっちゃん坊やの悩み>ANN1016 | main | トゥース!>NFL倶楽部 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
真昼のリアル>よんぱち
JUGEMテーマ:オードリー
 <よんぱち:TOKYO-FM2010・10・29 15:00〜>

これを書く労力を、他の番組の感想にまわせばよかったと後悔するほどw

それほど長い番組じゃなかったのに、しかもこの感想自体、全然たいしたことないというのに、少しずつ思い出しながら書くのに、とんでもなく時間がかかりました。もう歳じゃのう。うるうる。
しかも思い出す時間が長くなればなるほど、別な部分を忘れているという老化現象。
一回しか聞けないって本当につらい。ああ、地方民の悲哀。

お昼の生放送、しかもFMとあって、それほど期待しないで聴いていたラジオなのですが、予想よりも随分楽しかったです。
普段聴かないラジオなこともあってか、鈴木おさむ氏の発言は何から何までザ・業界人!っていう空気で、その発言には共感しきれない部分もあったのですが、一つ一つのコメントがやっぱり的確です。
音質が悪い状態で一回しか聞けなかったので、かなりうろ覚えのレポだけど、レコメンなどのゲストとはまた一味違う面白さがあったので、書きとめておきたいと思います。

「よんぱち」のHPに掲載されているオードリーの写真を見ると、春日は前髪を下ろし、Tシャツの袖をまくりあげたANNスタイルに近いスタイル。
若林は丸首シャツとカーディガン。「どっかで見たなあ」と思ったらいいとも増刊号のときに楽屋でインタビューされてたときの格好でした。

7:3分けの「春日スタイル」ではない姿を指摘された春日は「ラジオで、カンニング竹山さんから教えをいただいて」と、なんだか男らしい物腰。
カッコつけてんじゃねーよ?と、ちょっと笑いそうになっちゃいました。失礼w

かたや若林は登場の時からなぜかFMという場に戸惑い、鈴木おさむに「声どうしたの?」と聞かれて笑われてました。
そういえば、FMのラジオでオードリーの声を聞くのは、ちょうど一年前のPLATOn以来かな。
あ、でもあれは若林だけでしたか。二人でゲストに出た御影流はもっと前の放送でしたっけ。
ちょいオシャレ?なイメージのFMラジオで、声を張ってはいけないのかと戸惑っている若林。ちょいオシャレなものをすんなり受け入れられない若林らしい1コマでした。
むしろ、春日のほうが「声張っていいんですよ」と若林に突っ込んでいる。
それは貴方の仕事じゃないような気もしますがw

今日のテーマは「お互いのいいところ、悪いところ」
長いつきあいの二人、今ではどんな関係かと問われると
若「春日とは出合ってから18年になるので。冷えきった夫婦みたいで、会話は無いんですよ」
冷え切った夫婦w
まーねー、「冷え切った夫婦」は自らを冷え切った夫婦とは言わないのですよ。
ホントに冷え切った夫婦は、「夫婦」単位の発言をしないよ。相手の悪口しか言わないからねw
若「魂のレベルでは趣味が違うのかも」
春「人間の質が違うんでしょうね」
魂のレベル…wこういう言葉がさっと出てくるのがなんか微笑ましいです。

次にお約束の「コンビを組んだ経緯」
ここらへんは、どうせいつものお約束のやりとりだろうと思って聞いてました。
学生時代にコンビを組む相手を探していた若林が、仲間内の面白い奴を上位から順々に声をかけてったら8番目の春日がひっかかった、という定番の話がこの日も語られたわけなのですが、鈴木氏はもう知っていることのほうが多いからか、聞いたことのない語りも混じってました。

若「自分が地味なのは学生時代にわかったので、隣は華のあるキャラクターを横に置いておくのがいいと思って」
これは初めて聞いた気がします。
何かの雑誌記事で若林が「芸達者な奴と組むより、華のある春日と組んだほうが跳ねるかなと思ってもいた」って語ってた記憶があるけど、何の記事だったかなぁ。
その当時の若林の真意は、いつになってもきっと彼にしかわからないけど、若林が春日について、こういう語り方をし始めたことが興味深い。

更に春日も、毎度の「8番目に声かけたのが春日だった」弄りに対して、
春「こんなこと言ってますけど、二年くらい電話で誘われてたんですよ。大学に通ってて、芸人になるつもりはなかったですけど、興味はありましたから」
なんとなくは聞いてるけど、コンビ結成の時の話はいつもふわっと曖昧で、いろんな語り口があるから新鮮です。
若「僕、相手の書くネタをやりたくなかったんです。春日は書かなさそうだし」
去年はずっと「春日は俺が悩んでても全然ネタ書かない」のが春日いじりの定番だったというのに、この「2010年オードリー」っぽい発言がいい。

大学に行きながらお笑いセミナーに通い「爆破と落とし穴」の企画書を毎週出してた話や、サンミュージックで初めてネタ見せして、春日が「こんなに受けたら、俺が歩いたら街がパニックになる」と慌ててマスクを買いにいった話など、いつもの定番トークも織り交ぜながら、若林が春日に二年間ラブコールしていた話は盛り上がりました。

そしていよいよ今日のテーマ「相方のいいところ、悪いところ」
春「先にも話にも出ましたが、ネタを書いてくれるところですかね」
あ、つまらん、と一瞬思いました。ANNやシャンおじだったら若林が
「オンの感じ止めてください」って突っ込んで話が終了しそうなところですが、ゲストだから若林も止めれないだろうしなぁ。
すると、すかさず鈴木おさむが
「リアルでいってみよう、リアル悪いところを」
この言葉に、スタジオが爆笑。一気に場の空気が変わりました。
おお、いいなあこの一言。
すると春日、暫し熟考した後、
「…周りに『気をつかわせる』ところですね」
鈴木おさむはそれでなんとなく分かったみたい。
春「彼の佇まいがね、黙って考え込んでるとき、周りが「怒ってるんじゃないか」って思うらしいんですよね」
鈴「分かる、劇団ひとりとか、黙ってるだけで機嫌悪いとか思われる」
春「私は長い付き合いですので、彼は単に考えてるだけって分かるんですけど。
先日も仲のいい放送作家が(前?栗?)『あの〜若林さん、こないだ、ちょっと怒ってたんじゃないですか、僕、何か悪いことしたんでしょうかね』みたいに聞いてきて。企画会議してて。
『多分そうじゃないよ』って言ってるんですが」
鈴「どうしたらいい?」

ここで春日「どうしたらいい?」と聞かれると、悪いところをあげたつもりが、なぜか若林擁護に。
春「まー、そういう人ですから、笑って考え事するってのもおかしな話ですから、周りの人が、理解してもらいたいなあ、と」
優しいです、春日。
ここで鈴木のシャープな一言が。

鈴「周りが気を使ってるっていうのは、若林くんも気付くべきだよね」

春「そう!そうですよね!そうなんですよ!」
言いたかったことを代弁してくれた鈴木に、嬉々として相槌をうつ春日。
若「まさか、えふ…FMでこんな汗かくとは」
めずらしい、若林ともあろう者が、なんだか呂律が回ってません。
相当なダメージかw
キツイ言葉でしょうね、でもオードリー二人でのトークでは決して聞くことの無い言葉だったのですごく新鮮でした。

次は春日のリアルいい所。
若「春日は、楽観的ですね」
鈴「ほんとにそうなの?」
すかさず鈴木。春日の楽観的はキャラだけだと思ってるのかしら。
若「ほんとうに心配しないんです」
売れなくてもいいのか?と聞くと「今で十分幸せなんです」と返したエピソードを語る若林。
そこはさらっと流して、とっとと「リアル悪いところ」を聞きたがる鈴木おさむ。うん、私も聞きたい。でも、多そうw
若「表裏一体なんですが…」
春日の「向上心の無さ」が問題だと若林は指摘。
向上心が無い。面白くなろうとか、自分の番組を持ちたいとか、こう見られたいとかいう意識がゼロ。
でも、すべるのはイヤみたいで、黄金伝説の台本をいただくと、赤ペンでびっしりと書くんだ、と若林は鈴木に訴える。
若「すべりたくはないらしいんですよ!」
というと、春日が胸をはって(見えないけど)言った一言。

春「スマートに笑いをとりたいんですよ」

もしも願いが叶うならw!ここに有吉先生お連れして欲しい!
こんな発言する春日に、灸を据えて欲しい!

スタジオは春日の発言に大笑い。苦笑かもw
若「大喜利の番組では、春日みたいなキャラは、三振かホームランでいいのに、70%くらいでくるんですよ」
鈴「いるね〜、そういうタイプの人」
あ、居るんだ。あははは。
聞き取れなかっただけかもしれないんですが、若林のタイプの人の時はその人の実名が出てきましたが、春日のほうは出てきてなかったような。
鈴「すべってもいいキャラの人にかぎって、前日からネタかいてたりするね

柴田アナか鈴木氏か聞き取れなかったけど、ここで春日にずばっと質問。

「プライド高いんですか?」

若林、その言葉にひゃひゃひゃひゃ!と大笑い。
若「クイズ番組で、えらい勉強するんですよ!
春日さん「知らないですけど」でいいんじゃないですか?っていうと「優勝したいですから」って!」
実はビートたけしを狙ってるのか?と散々若林に言われた春日。
春「事件が起きたときに『春日の意見を聞いてみたい』と世の中に思われたいんです」
これは本音なんでしょうなあ(苦笑)
すると鈴木おさむ、即座に一言。

鈴「絶対そうじゃない。そこは求めてないもん。世の中は」

いやあ、それはそうだと思うよ。そこ求めてないよ。視聴者の一人としてもそう思います(真顔)。

どうやら春日、池上彰番組で、池上先生の解説の後に、言葉をちょい足したりしているらしい。
鈴「それ、スタッフからしたら切りづらいよ〜!(編集しづらいってことか)」
この言葉は春日に響いたでしょうか。具体的で分かりやすい駄目出しに笑いました。

鈴「ウドちゃんがそうだったらどうよ。めちゃめちゃ出来たら、天野くんはめちゃめちゃ怒ると思うよ!」
これは鈴木おさむがオードリーをキャイーンに喩えてみたのでしょうが、以前の「お笑いさぁ〜ん」で、逆に天野に駄目出しされた若林が「ツッコミがバカだと漫才が成立しなくなるから、勉強しろと怒られた」という話をしたら、さまぁ〜ずが
「オードリーのネタは進化してるんだから、コンビ内の立場一度グチャグチャになっても大丈夫、そういうコンビもあってもいいの」
って言った一言のほうを心から支持します。
オードリーはキャイ〜ンと似て非なるものだから、春日がめちゃめちゃ出来てもいいと思うんです。
でも、春日の勉強する理由が、あまりにも薄っぺらな内容なので、そんな理由で勉強しても駄目だろ〜、と思うのでしたw

ここで若林がリクエストしたZAZENの曲が流れました。
本当は小田和正とかの曲がいいんでしょうね〜と苦笑いしながら、ZAZENが好きだと若林が語ると、鈴木おさむが、ロックのコンサートで周囲のノリについていけず、ぼーっと突っ立ってしまうというエピソードで二人盛り上がります。
鈴「(こういう曲)家で聴いて何してるの?」
若「隠しカメラがあったら大分気持ち悪いでしょうねw」
家ではノリノリになれるのに、ライブではノレない若林、音楽番組のゲストで行くとつまんなさそうに見えるのが困るという話から、こんな若林にはどんな女性が似合うかと、鈴木が春日に聞いてみると。
春「器のでかい女性じゃないと駄目なんじゃ?真逆の性格(明るい)感じじゃないと」
若林をひっぱってくれるような女の子がいいと春日は思っているみたい。
どーかなー、たいした恋愛経験も無いオバちゃんが、上から目線で言ってみるけど、器がでかい女性は同意だけど、そんな明るくなくてもいいかも、って思いますけどねぇ。どっちも互いに合わせようとして疲れるんじゃないだろうかと思いますよ。

ここからの鈴木おさむのコメントが印象的でした。
まず若林には

「久々の、お笑い界の堅物ルーキー」

鈴「居るんだよね、人の顔を見て話せない芸人が」
お笑い界には歴代の「堅物」芸人が存在する。
タカや岡村、今は今田は明るいけれど、昔は相当怖かったらしい。
今田は「あのころの僕とあってなくてよかったですよ」と言うらしい。
これは、若林贔屓の人間が聞いたら、悪い気は全然しないですね。
若林のことを色々知るうちにわかってきたことでもありますが、「人見知り」や「暗い」は、いろんな番組では弄りの手段として用いられていますが、芸人としては魅力の一つでもあるようです。

そして春日には
「春日くんがバランスとってるんだろうね」
と持ち上げる鈴木氏。
春「ケンカしたことないですね」
若「話が合わないですから」
薄っぺらい言動や底の浅いコメントが目立つ春日ですが、それは勉強が出来るくせに、己の心を言葉にしてまとめることに不器用な春日だからこそなのでしょう。
春日の心の器が大きいのは、おそらく鈴木氏も気付いてるんだと思います。
だからこそ、

鈴「春日くんが人間的に「下(げ)」だなって、この短い時間に感じ取りました」
と見事に落としてトーク終了。

発売されたばかりの「小声トーク」を読んだ鈴木氏は
「よくVとかとってたね。ここまで泳げたら売れる!とか、ほほえましい。一芸人のブレイク前のもがきがわかる貴重な本です」
と、小声トークを「青春本だね!」と評していました。
いいネーミングですね。青春本。

オードリーの、ラジオでのゲストトークで、こんなに色々と考えながら聞いたのも久しぶりな気がしました。
鈴木氏の、業界人ならではの目線でのコメントが、たまにはちょっと鼻に付くところもあるけれど、そのコメントは非情に鋭くも温かく、とても興味深かったです。

一度きりしか聞けなかったから、もう一度聞きたいなぁ(涙)
| オードリー | 17:32 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:32 | - | - | pookmark |
コメント
☆ブンタン様

読んでいただいてありがとうございます〜!
新鮮で面白かったので、また聞いてみたいです。ポッドキャストがあったらいいのにな〜って思っちゃいます。
鈴木おさむ氏、オードリー小声本もきちんと読まれたようでコメントも愛溢れるものでした。
聴いていてすごく嬉しくなっちゃいました。オードリーの二人も嬉しくなったんじゃないかな〜って思います。


☆きらきら様

ザキヤマ回のリクエストありがとうございます!
これ、聴いたのは聴いたのですが(録音はできないんです…)とにかく三人の喋る速度が速いし、特にザキヤマはガンガン喋ってるので、オバちゃんは話についていくのに精一杯だったんです!面白かったのに、記憶するところまで頭がついていきませんでした。
野球のために放送が無くなってしまって、とても残念です。
また後日改めて、放送されることを願ってます〜!!
| 愛 | 2010/11/17 2:58 PM |
聞けない地域に住んでるので、貴重なレポどうもありがとうございます!!
シャンプーおじさんのザキヤマさんの回、もしお時間あったらお願いします!!
| きらきら | 2010/11/10 11:06 PM |
一気に読んじゃいました!聴けた愛さんがうらやましすo(^-^)o

おさむ氏ってお笑い芸人への愛情深いですけど、
天下の木村拓哉にも信頼されてる人物ですからやっぱり違う角度から斬ってきますね。
| ブンタン | 2010/11/08 11:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chachara58.jugem.jp/trackback/318
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

WEB CLAP

ARCHIVES

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン96
クイック・ジャパン96 (JUGEMレビュー »)
若林 正恭,田中 圭,中村 珍,ジョージ 朝倉,土屋 太鳳,石川 直樹,鈴木 おさむ,ももいろクローバー,百田 夏菜子,諫山 創,新井 英樹,井上 智徳

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン95
クイック・ジャパン95 (JUGEMレビュー »)
ももいろクローバー,百田夏菜子,中村珍,玉井詩織,佐々木彩夏,有安杏果,高城れに,山里亮太,清竜人,電気グルーヴ,石井光太,二階堂ふみ
鈴木おさむと若林との対談ページ有りv

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス)
M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス) (JUGEMレビュー »)

オードリーのインタビューも写真もいい。タクシー運転手の原田さんが、敗者復活会場からオードリーを乗せたときのエピソードが楽しかったですw

RECOMMEND

ダイナマイト関西2010 first [DVD]
ダイナマイト関西2010 first [DVD] (JUGEMレビュー »)

副音声がバッファロー吾郎と若林って、絶対欲しい〜!スリムクラブ真栄田と若林との因縁の対決も見たい。

RECOMMEND

内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD]
内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD] (JUGEMレビュー »)

#80 「若林の悩みを是が非でも今すぐに解決したい男達」が収録されてます。若林の果てしない悩みと、うんざりするウッチャン達が超面白かった!

RECOMMEND

オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ)
オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周
再版にあたり、当書のファンである若林が解説を担当。11ページにわたるそうです。文庫本なのでお手軽なお値段なのも魅力。

RECOMMEND

ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

表紙をはじめ、各写真が最高!記事も対談もコラムも面白い!

RECOMMEND

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ (JUGEMレビュー »)

中身充実。トーク本文はもちろん、注釈や二人の写真ギャラリー、後書に至るまで、素敵な一冊です。

RECOMMEND

クイック・ジャパン92
クイック・ジャパン92 (JUGEMレビュー »)
大場つぐみ,小畑 健,水谷豊,吉田豪,高須光聖,松嶋尚美,町山智浩,なばたとしたか,板尾創路,石川直樹,蒼井そら,麻美ゆま
オードリー36ページ特集有り。山ちゃんやウッチャンのコメントがいい。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

splash!!Vol.3
splash!!Vol.3 (JUGEMレビュー »)
山里 亮太,オードリー,田中 卓志,サニーデイ・サービス,ジャルジャル,andymori,THE BAWDIES,伊集院 光,有吉 弘行,鳥居 みゆき,潜在異色
全192ページ中、潜在異色の記事が96ページもあります。若林&山里ロングインタビューは必見。

RECOMMEND

オードリーのオールナイトニッポン [DVD]
オードリーのオールナイトニッポン [DVD] (JUGEMレビュー »)

オードリーのANNファンなら
買って損は無し。
これを見たらますますラジオが楽しみになります!

RECOMMEND

RECOMMEND

オードリー DVD
オードリー DVD (JUGEMレビュー »)

ショートアメフト好きですv

隠しトラックにある、春日がネタ書いたコントもツボだったりします。

RECOMMEND

M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]
M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD] (JUGEMレビュー »)

決勝1本目の「引越し」は、
何度見てもヤバイくらいかっこいい。

RECOMMEND

ぜんぶウソ VOL.1 [DVD]
ぜんぶウソ VOL.1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

特典映像のDJ若林の哀愁がツボですw

RECOMMEND

原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD]
原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD] (JUGEMレビュー »)

密かに若林がかなり映ってる。
春日vsシウバの戦いも必見。
隠れたオードリーコレクション。

RECOMMEND

RECOMMEND

READ

あわせて読みたいブログパーツ

Twitter

Counter

je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ

PROFILE

SPONSORED LINKS

RECENT COMMENT

  • 東の天然モンスター>東西芸人いきなり!2人旅 (前編)
    ゆり (05/07)
  • なぜ春日のトークは面白くないのか(原因究明編)>コレアリ
    hayuru (04/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    太朗 (03/18)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    じぇりこ (11/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    涼子 (11/20)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    じぇりこ (09/27)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    kazuchacha (09/27)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    愛 (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    母さんナース (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    みゆまま (08/22)

MOBILE

qrcode

LINKS

SEARCH