<< 1点のトーク力を5点の笑いに>ANN1009 | main | 真昼のリアル>よんぱち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
若くないとっちゃん坊やの悩み>ANN1016
JUGEMテーマ:オードリー
 
<オードリーのオールナイトニッポン 2010・10・16>

今宵の春日トークは、芸能人やってるなー!って感じでした。
特に、あゆのコンサートを観にいって、アンコールの時に画面に映し出されてあゆが直々に「好きなお笑い芸人」として、春日を紹介したエピソードは凄ぇ〜って思いました。
アッキーナが春日を好きというのとは、ちょいと重みが違う。
こんな凄い話、一つ間違えればただの自慢話になっちゃいそう。
「いやあ〜、参ったねぇ、仕事が忙しくて行けなくなりそうだったんだけど、せっかく黄金伝説のスタッフが席を用意してくれたから行ってみたらね、春日が居ないと始まらないんですよ〜、なんて言われちゃってね…」
こういうムカつく鼻高々トークでカマしてくれても、春日ならアリだと思うのですが、それすら出来ない状況でした。
場違い感を自分で感じながらも、「いつ春日として呼ばれるか」にビビっちゃってるミーハーなオッサンと化していました。
「ただのファンじゃねえかそれ!」なトークっぷり。
こういうところが、春日が好感度を保つ所以なのでしょうか。

特に最後に若林に「春日さん、(あゆさん)イケますよ!」と言われたときの「いけるわけねーだろ!バカ!」という言い方が完全に素でw
すごく笑っちゃいました。

そしてもう一つ、ナイナイANN出演の話。
オードリー単独の公開録音やイベントなどの際には、どれだけ「緊張してるだろ」と聞かれても「緊張してない」と一点張りの春日だが、高校時代からの憧れであり、芸人としての夢でもあった99のオールナイトニッポンにゲスト出演した春日は、さすがにど緊張したと本音を語る。
「ニッポン放送がいつもと違って見えた」
そんな春日の大活躍ぶりを、ダイジェストで聞くことに。
春「あはははははは、あははははは、なんでなんですか、そうですね〜、ええ、そうでございますね、ええ、ええ、ええ〜」
相槌を打っている部分だけを繋ぎ合わせたダイジェストw
でも、実際春日は相槌上手いからなぁ!!
やべっち「春日さん、ちょっと、黙っといていただけますか。わあわあ言うております、お時間です、さようなら」
春「おおおおぉ〜(感激)」
おなじみの締めの言葉を生で聞けて、春日が素直に感激してる声がまるきこえ。スタジオ爆笑までがばっちり放送に乗ってました。

春「ああああ、おはずか(しい)だね、最後の「おお」は放送に乗ってたんですね」
若「ええ、が多いですね」
春「いやいや、それだけじゃないからね、結構色々お話しましたよ!性生活のことも赤裸々に語りましたよ!
若「性生活、どんなこと語ったの」
春「いわゆる相手磨きするときにね、こちらから中に入るときに「お邪魔します」とか、終了するときに「終了させてもらいます」みたいな話を、…もりあがったね!」
若「気持ちわりぃなああ!!ああーーきもちわりぃ!!オオサンショウウオみたい!」
春「きもちわりぃなあ!天然記念物だけど!」
自分でのっかっちゃうんじゃないよ、春日よ。

-----------

一方若林は、己の衣装について悩んでいました。

若「いいともじゃなかったかな?チェックのシャツ着ててさ、ネクタイしてさ、クリーム色のイギリスの高校生が着るようなジャケット着て。俺もう、スタイリストさんが用意してくれた通りに着るから。着せてくれてるから別のこと考えてるんです。こっちのトークがいいかなとか、あそこはは黙っといたほうがいいかなとか考えながら着るじゃない。本番前だから。服とか見てないじゃない。
で、コンタクト入れてその胸元見たら、フラミンゴのブローチがつけてあってさ!あはははははは!
俺もう…俺、32なのに!急に、恥ずかしくなって!
髪型とかもさあ、まる〜くなってるのよ。髪やってるときも台本見ながらでしょ?
で、ふとコンタクト入れて、鏡見たらさあ、クリーム色のベスト着ててさあ、チェックのシャツきてて、何?こいつ?って」
春「コレアリのスタジオじゃない?南沢ちゃんと服がかぶっててさ、同じ高校の生徒だって弄られ方してたじゃないですか。32の男が」
若「俺、ちょっとしんどい春日さん!ちょっと待って、って思っちゃったの!」
春「私もずっと見てきてるから、その男がフラミンゴ(のブローチ)だと面白いけど、見てる側は、逆にそれで、華があるというかさあ」
春日は若林の衣装に肯定的。だが、若林は全く聞き入れない。
若「すげぇ笑ってるじゃん!チーム付け焼刃がにやにやにやにや。
俺、それがすげぇ嫌なの。地元の高校の時の友達が、面白い格好してるねって言うのよ。すっげぇヤなの。はじめに言っとくけど。
メイクさんに「今日の格好いいですね」って言われて、「いつもこんな格好ですけど?」って言ったら、「なんか、とっちゃん坊やみたいで」って。
ていうか、俺なんであんな格好してるの?」

「俺、なんであんな格好してるの?」は、笑っちゃうんだけど、そこはかとなく哀愁漂う心の叫びだと思います。
春「てめぇで思うのと、世間が見てるのとは違う最たる例なんじゃない?」
まあなあー、若林はどういう格好をしたいのかわからないけど。
以前、いいとも増刊号で、つよしくんの衣装や藤森くんの衣装と取替えっこして着てみせたときに、非情に残念な仕上がりになったのを見て、やっぱりああいうテイストの衣装が「若林」のキャラクターに合ってるのかもな、って思って見るようになりました。

それはさておき、若林は更に思うところがあるらしく、高校の同級生、シマキくんの話題にうつりました。
若林と同じ笑いのセンスを持ち(海砂利水魚派)、現在は音楽ライターをしているシマキくん。
高校生のころからファッションも笑いの感覚も「主義のある(春日談)」人間で、若林にZAZEN boysを「お前好きだと思うから」と教えてくれたのも、シマキくんだった。
デビューのころからオードリーをずっと応援していて、ライブにもずっと通ってくれていたシマキくんは、今はバカリズムやモンスターエンジン、笑い飯の笑いを好んでいるらしい。

若「シマキがね、最近俺と電話してくんないのよ。会ってくれないのよね」
春「あんなに仲がよかった、応援してくれてたシマキが?」
若「あんま、しゃべりたくないって言われて」
春「え、なんかしたの?」
若「大衆に寝返ったからだって」
春「なんだよ!それ!大衆に寝返るって、その発言!!どうしたもんかね!」
アメトーク「部活芸人」の時のトークネタを調べるために、シマキに電話したときも、そっけなかったといい、若林は考え込む。
若「見てて、ツライっていう言い方された。………なんなんだよ、あいつーーーっw」
二人「寝返った」発言に大爆笑。
春「そんな反乱分子みたいな顔してやってないでしょ、もともと!」

歳相応でもなく、自分らしくもない衣装を着て鏡に映る自分を「なんだこれ?」と笑う。
「なんだこれ?」な衣装でテレビに映っている自分を「大衆に寝返った」と非難する友人を「なんなんだ」と笑いにする。
これらの現象を「お仕事だから」の一言で片付けずに、若林は更に悶々と衣装について考える。

春日はそういうとき、常識的な視点から意見を言います。
「やっぱりあの服装がベストなんじゃないですか、そのへんは、お昼の番組で、生放送で、フジテレビネットワークでということで、計算された服なんだ、きっと。
見てる人から「若林くんの服装おかしいぞ」っていう声が着てたら違うんでしょうけど、我々だけが、違和感を持っていだけだから」
とてもまっとうなご意見ですが。
そこからのアドバイスが春日らしい。変態。
春「下着で凝らなきゃだめだよ。ってか、そこでバランス取らんと。
Tバック履くとか、ノーパンで毎回出るとか」
おーーーい。着地点はやはり春日らしく、アドバイスは意味不明。

すると更に若林の悩みは広がります。
若「先週の放送終了後、タモさんのぶっこみ聞いた?お前?後半7分くらいの俺へのフリ。すごかったよ、第一声。
『なんだお前、つまんないのか?』放送終了後のトークで!!」
春「あー言われてたね、なんかの話で、全然相槌をうってなかったんだよね」
若「正直俺全然タモさん好きだし、いいとも楽しんでますよ。CM中とか、そでで、2回くらいあったんだけど、タモさんCM中とかオレんとこ寄ってきて、「お前、いいともバカにしてんだろ?」って!急ーーに!!」
スタジオ大笑い。なんだろう、心当たりがあるのか、スタッフ一同。
若「オレの表情。オレよく言われるんだよ、昔から。」
高校時代の先輩にも、飲み会でも、マエケンにも「ナンなの?その顔」って叱られるらしい。
若「顔なんだよ。俺、(その場が)楽しいの。顔なの!」
春「表に出しづらいタイプの人だってことですわな」
若「どんな感じで居ればよかったのかなあ。お前はそうは言われないよな」
春「いいともに限らず、一回もないね、意図して無いところでつまんないだろうとか、真逆のこと言われるのは」
若「メイク室でも、タモさん近づいてきて「お前、生きてて楽しいこと無いだろ?」って!!」
すごいなあ、タモさんにそんなこと言われたら、ぞっとするでしょうねw

若「でもね、20000人に1人くらいの確率で、たまに、そういう人居るんだよね」
山ちゃんだっけ、「タモさんは心眼(第三の目)持っていそう」って言ってたのは。

春「だけど、笑顔でずっと袖に居るってのもね、ちょっと違うしね」
若「いや、俺、相当楽しんで聞いてるよ。いいともの放送終了後」
春「いろんな話聞けるからね」
若「タモさんの話で爆笑しちゃってさあ。…タモさんとか、(俺が)つまんなそうにしてるように見えるのかな?」
春「参加してないように見えるんじゃない?」
若「心ここにあらず、みたいな」
春「輪ん中居るけどさ、ちょっと引いたところで見ているみたいな」
ああ、春日、冷静。
春「やっぱ相槌だよ、相槌!」
そこか!
やっぱりアドバイスは春日らしいポンコツっぷりなのが笑える。
春「練習しな、今日ナイナイさんのオールナイトニッポン(の素材)持ってかえりな!」
若「正直、マインドが違うんだよ、マインド」
春「…どういうことですか」
若「んーーとさ、笑っていいともの空間って、日本でトップクラスに、…なんだろ、わかるでしょ」
春「まーまー、華やかなところですわな」
若「なんてったってベッキーとクサナギさんが居るところだから」
春「だから、そこに、違和感が出ちゃう」
若「違和感出ちゃうんだろうな」
春「新宿といったら(アルタじゃなくて)キサラなんですよね。ショーパブ芸人みたいなところが」
若「でも、お前けっこう馴染むじゃん。意外と反乱分子じゃないのかな」
春「どんな環境にも馴染んじゃうから私は。
どんな汚い水でも気持ちよく泳げるタイプだから」
若「ブラジルいったら、ブラジルの、チベットいったらチベットも、馴染むんだろうな。モンゴルも、インドも。
じゃ、お前はギャル男の集団に入ったら、結構なギャル男になれるわけ?」
春「一ヶ月くらい強制的にぶちこまれたら、日焼けして帰ってくるかもしれない」
思わず想像してしまったじゃあないかぁ!!

若「ぎゃはははははは!!いけるんだ!!!
ああでも、そうなんだって、結局ね。
ようするに、狩猟時代に遡る話をされたことあるんだけど。
一個の村、なんですよ。女の人は貝を拾って、男は狩猟をしてる。食べ物をとるために。何人かで暮らしてるんですって。
そこで、一人だけノリが違うなんて、ありえない話だったんですって!」
春「生きてけないわな」
若「生きてけないんですって!そういう奴!
で、そういう奴は、一人で山の上にのぼって、どんぐりをすりつぶして、一人で生きて、死んでくしかなかったんですって!
ようは!人見知りなんてやつは!!」
春「その生き残りなんだよ!」
若「なんてこというんだお前は!!」
春「そういうことでしょ。現代でも、アナタみたいな人見知りが居るってことは、ギリギリ生きてこられたってことですよ」
若「ヤバイよ、いいともで、タモさんに「なんだお前、つまんねえのか」って言われたら!あそこで言われてみ!いや、俺は楽しいんだよ!」
春「誤解なわけですわな」
若「おれそういう誤解は生きてきていっぱいあったの。小学校のときも、高校三年のときも」

英語の先生が、ヒアリングのラジカセで、俺の頭を何もしてないのにガーン!って殴って「バカにしてんのか!!」とキレられたエピソードを語る。
若「俺、何も一言も発してないのよ。そしたら、「目がバカにしてた」って。バカにしてないのよ!?」
私も小学校のころなんて、フツーに教師にビンタされたり殴られたりしてた。体罰上等だった頃。今みたいに教師がびくついてなかった分、酷い教師も居たけど、「なにくそ!」ってな感じで生徒のほうも図太かった。
でもこのエピソードはびっくりしました。ひどすぎるわwww

春「しょうがないよね。これは。そういう気持ちがどっかにあって、(顔に)出ちゃうってんだったら、話はかわってきちゃうけどね。ないのに、そう見えちゃうってのは、どうにもこうにもですね」
若「タモさんに「お前、なんだ、ここに居るのが不服なのか?」って言われてたじゃん!そんなのねえ、狩猟時代なら村長に「なんだお前、つまんねえのか?」って言われるようなもんですからねえ」
春「いやぁ、これは難しいね、逆に、あの服装でギリギリもってるんじゃないですか。まだゼロまでにはもってけてないかもしんないけどね。タモさんに見つかっちゃうってことはね」
若「相槌ね、がんばります。(得点)5の人に言われましたからね」
春「説得力あるだろ」

売れる前からずっと応援してくれていた親友には「大衆に迎合している」と言われ、
「大衆」の象徴ともいえる人気娯楽番組の本番中、番組の顔である司会者に直接「バカにしてるのか」と言われる若林。
対極する二つの意見の狭間で、自分の在り方に悩む若林の葛藤が垣間見えるエピソードでした。

--------

このANNがあってから、気になってしまって、思わず笑っていいともをリアルタイムでじっくり見たのですが、タモさんは嬉々として若林を弄って遊んでいるようにしか見えないです。
人の話に相槌打っても駄目出しされ、相槌をうたなくても駄目出しされ、笑ってても無表情でも、ボケてもボケなくても弄られます。もう、何をやってても、結果弄られてる。
先週の増刊号で見た放送終了後のトークでは、その一挙一動を待ってましたとばかりにたっぷり弄られ倒してますから、対策を練るだけ無駄な気もしますw
この状況を「タモさんに弄られるなんてオイシイ」で片付けず、ひとつひとつ悩んでいるところが、まさに、タモさんに突っ込まれる所以なのでしょうか。
秋になって、各曜日の企画も一新し、面白かったことわざのコーナーも終り、企画が好みじゃなくなって、いいともを注目しなくなっていたのですが、この若林の悩みのANNトークを聞いてからは、再び「いいとも」への興味が湧いてくるのでした。

----------

そんな悩みをつらつらと語ったこの日のエンディングでは、その日に行われた「小声トーク」発売記念イベントの話で締めくくられました。
むつみ荘のセットで行われたミニトーク。当時を知る方もいらっしゃったようで、二人は感慨深く語り合っていました。

若「小声トーク、どうでした?」
春「感慨深いものがありましたよね、てめぇの家でやってきたライブがね、ああやってでかいところでやれたわけですから。
若「今日僕ね、小声トークのイベントでいいこと言ってたんですけど。こうやって本になって嬉しい。これからも頑張っていくって言ったら、客がニヤニヤしてましたからね」
春「んふふふ、ばれてる、ハラの底じゃそう思ってないことをね」
若「今日この場を借りてね、イベントに来てくれた人、応募してもはずれちゃった方で、本当に来たかった人、居ると思うんですよ。
で、一言言いたいんですけど。
本当に皆さんの応援のおかげで、今こうやってラジオをできてるんで、これからもオードリー色んなことあると思うんですけど、応援よろしくお願いいたします!」


春「…………ふふふふふふ(クスクス笑い)」
若「さあ。…と、いうことで」
春「さあ、じゃないですよ!」
若「オードリー若林でした」
春「この後また、夢でお会いしましょう、アディオス」

さらにこのあとも、クスクス笑う声が聞こえてきました。

いいことを言うと会場のお客さんに「心にも無いことを言ってる」と、ニヤニヤ笑って聞き流された話をしている最中に、突然、つけたしのように語られた感謝の言葉。
こんな前置きをされたら、誰だって思わずニヤニヤしちゃいます。
「本音かな?うそこなのかな?」とにやつきながらも、
「ったく、素直じゃないなあ、ムカつくわあ、…応援したくなっちゃうじゃないか」と思ってしまったのでした。
| オールナイトニッポン | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chachara58.jugem.jp/trackback/317
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

WEB CLAP

ARCHIVES

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン96
クイック・ジャパン96 (JUGEMレビュー »)
若林 正恭,田中 圭,中村 珍,ジョージ 朝倉,土屋 太鳳,石川 直樹,鈴木 おさむ,ももいろクローバー,百田 夏菜子,諫山 創,新井 英樹,井上 智徳

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン95
クイック・ジャパン95 (JUGEMレビュー »)
ももいろクローバー,百田夏菜子,中村珍,玉井詩織,佐々木彩夏,有安杏果,高城れに,山里亮太,清竜人,電気グルーヴ,石井光太,二階堂ふみ
鈴木おさむと若林との対談ページ有りv

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス)
M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス) (JUGEMレビュー »)

オードリーのインタビューも写真もいい。タクシー運転手の原田さんが、敗者復活会場からオードリーを乗せたときのエピソードが楽しかったですw

RECOMMEND

ダイナマイト関西2010 first [DVD]
ダイナマイト関西2010 first [DVD] (JUGEMレビュー »)

副音声がバッファロー吾郎と若林って、絶対欲しい〜!スリムクラブ真栄田と若林との因縁の対決も見たい。

RECOMMEND

内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD]
内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD] (JUGEMレビュー »)

#80 「若林の悩みを是が非でも今すぐに解決したい男達」が収録されてます。若林の果てしない悩みと、うんざりするウッチャン達が超面白かった!

RECOMMEND

オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ)
オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周
再版にあたり、当書のファンである若林が解説を担当。11ページにわたるそうです。文庫本なのでお手軽なお値段なのも魅力。

RECOMMEND

ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

表紙をはじめ、各写真が最高!記事も対談もコラムも面白い!

RECOMMEND

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ (JUGEMレビュー »)

中身充実。トーク本文はもちろん、注釈や二人の写真ギャラリー、後書に至るまで、素敵な一冊です。

RECOMMEND

クイック・ジャパン92
クイック・ジャパン92 (JUGEMレビュー »)
大場つぐみ,小畑 健,水谷豊,吉田豪,高須光聖,松嶋尚美,町山智浩,なばたとしたか,板尾創路,石川直樹,蒼井そら,麻美ゆま
オードリー36ページ特集有り。山ちゃんやウッチャンのコメントがいい。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

splash!!Vol.3
splash!!Vol.3 (JUGEMレビュー »)
山里 亮太,オードリー,田中 卓志,サニーデイ・サービス,ジャルジャル,andymori,THE BAWDIES,伊集院 光,有吉 弘行,鳥居 みゆき,潜在異色
全192ページ中、潜在異色の記事が96ページもあります。若林&山里ロングインタビューは必見。

RECOMMEND

オードリーのオールナイトニッポン [DVD]
オードリーのオールナイトニッポン [DVD] (JUGEMレビュー »)

オードリーのANNファンなら
買って損は無し。
これを見たらますますラジオが楽しみになります!

RECOMMEND

RECOMMEND

オードリー DVD
オードリー DVD (JUGEMレビュー »)

ショートアメフト好きですv

隠しトラックにある、春日がネタ書いたコントもツボだったりします。

RECOMMEND

M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]
M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD] (JUGEMレビュー »)

決勝1本目の「引越し」は、
何度見てもヤバイくらいかっこいい。

RECOMMEND

ぜんぶウソ VOL.1 [DVD]
ぜんぶウソ VOL.1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

特典映像のDJ若林の哀愁がツボですw

RECOMMEND

原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD]
原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD] (JUGEMレビュー »)

密かに若林がかなり映ってる。
春日vsシウバの戦いも必見。
隠れたオードリーコレクション。

RECOMMEND

RECOMMEND

READ

あわせて読みたいブログパーツ

Twitter

Counter

je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ

PROFILE

SPONSORED LINKS

RECENT COMMENT

  • 東の天然モンスター>東西芸人いきなり!2人旅 (前編)
    ゆり (05/07)
  • なぜ春日のトークは面白くないのか(原因究明編)>コレアリ
    hayuru (04/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    太朗 (03/18)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    じぇりこ (11/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    涼子 (11/20)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    じぇりこ (09/27)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    kazuchacha (09/27)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    愛 (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    母さんナース (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    みゆまま (08/22)

MOBILE

qrcode

LINKS

SEARCH