<< オードリー春日のカスカスTV  シーズン1感想 | main | 若くないとっちゃん坊やの悩み>ANN1016 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
1点のトーク力を5点の笑いに>ANN1009
JUGEMテーマ:オードリー
 
<オードリーのオールナイトニッポン 2010・10・09>

春日がとうとう、ナイナイのオールナイトニッポンにゲスト出演!
これは当のご本人、メチャクチャ嬉しいでしょうね。
春日おめでとう!と思う反面、大丈夫なのか?ちゃんと喋れるのか?と、母親のような気分になっちゃいます。
こんな1ファンのオバちゃんにすら、「おめでとう」と「大丈夫なのか?」という気分を同時に抱かせるのも、春日ならではだと思います。
ナイナイANN、録音はできてますが、まだちゃんとは聞けてないので、後ほど楽しみに聞こうと思っています。

そんな春日、ナイナイANN出演にそなえ、フリートークに磨きをかけておきたい10月9日。
この日の春日のフリートークは、「合コン」トークでした。
フリートークの構成や技術などの話はさておき、私はぶっちゃけ、春日の飲み会やコンパの話は、もう完全に聞き飽きたという感じです。
しかし、オードリーANNは、この日の春日の合コントークをメインに据えてきやがりました。
春日のフリートークが始まったとき、これ、大丈夫なのか?と思ったのに、番組が終わるころには、やってくれるわ、と思わずニヤリとしてしまったのです。

<OP>

若「春日さん、オードリーのANNが丸一年を迎えました」
春「二歳ですね」
若「二歳っていうか、正しくは…人間の歳で言えば、一歳なんですけど」
春「二歳目でいいです、じゃあ!」
若「ちょ、すいません、二歳「目」ってなんですか?」
春「二歳目の歳!」
春日数え間違っているが、引かない。分かっているのにw
そしてとうとう若林も
若「ちょやっぱ俺納得いかねぇわ。二歳目って何?」
春「満二歳目ってことですよ!」
若「でもそれは一歳…」

だあああっ面倒くさいっ!どっちも面倒くせぇわぁーw
しかしその後、若林は、しれっと
「春日がラジオ向き芸人だったからこそオールナイトニッポンを一年続けられた。感謝してます」
と春日に感謝の言葉をささげます。
さすがの春日も「バカにしてんのか」と言い返してしまうくらい、とってつけた感謝っぷりに思わずふきだしてしまいます。
しかし、それだけでは終わらない。春日のラジオトーク技術を弄りまくって、更なるオープニングトークが繰り広げられました。

オードリーANNが満一歳を迎えるにあたり、スタッフ達にオードリーの一年点検を実施。
二人の能力を、5点満点の五角形にして、成長ぶりをチェックしてもらう。
若「一年間、リスナーに語りかけるように務めて参りました。「君」っていう言葉を多用して…」
春「聞いたことないねぇ」
うん、私も、「君」なんて言ってるのを聞いたことないわw
若林のウソトーク、絶好調です。

----------
:一年点検:>>>若林

(成長したところ)
・リスナーを大事にしている
・本音をラジオで伝えようとしている(黒い部分も含め)
・春日さんの話を興味がある風に聞けるようになった。
若「(自慢げに)興味がないときも、興味もつようにしようって決めてるの」
春「興味が無いって、いつだったんだ」
若「キャバクラのトーク、2回目からもう興味なかったんだけど」
春「じゃあ言ってよ〜〜!ノリノリで話しちゃったじゃないの」

(駄目出し)
・そろそろ未来辞典のコールをちゃんとして欲しい

これは春日もかなり懸念しているところみたいで、「怒られるぞ」と心を痛めています。
でも、まだ怒られて無いどころか、実際、喜ばれているらしいw
だって「未来辞典を作ろう」のタイトルコールはいえなくても、ちゃんとその後、スポンサー名や商品名は間違わないでちゃんと言ってるもん。

----------
:一年点検:>>>春日

(成長したところ)
・フリートーク用に書いた赤ペンでびっしり書いた資料を、あまり見ることなくしゃべれるようになりました◎
↑なんじゃこれ、まるで通信簿の備考欄みたいな書き方ですw

(駄目出し)
・春日のトークゾーンだけテンポが早くなる
ああ、これ、春日のトークが面白くなくなるときの一つの傾向かも。
春日は漫才のときのゆっくり堂々とした話し方が一番面白く聞こえます。

・熟女好きであることをまだウソをついている
・ぽっちゃり好きでないことを認めない
ここらへんは今後の検証が待たれますw
当分、若林は春日に、この弄りを続けそうな気もします。

作家さんだけでなく、ニッポン放送のアルバイト今村さん(いつも牛丼を買ってくれる青年) も一年点検に参加することに。
お笑いに一番厳しい年頃で、オードリーに対して興味の無い彼が、春日のトークを(5点中)1点と評価。

春「今村ぁ!!よくもぉ、ぬけぬけと(ブースに)入ってきたなあ!」
春日、今村にキレる。
若「春日の(能力)五角形、小っちゃ!こんぺいとうくらい!」
春「トーク1点、エロ1点、おしり2点。お尻がトーク力より上なわけですか」
大学生のバイトくんにトーク力1点と評価され、キレる春日。
そして、これこそが今宵の春日のトークのフリとなっていくのです。

--------------

この一年点検で、ズッコケ三人組の作家さんには
「自分の話をしなくなって本当によかった」「熟女好きは偽り」とコメントされ、
若林には「キャバクラの話は二回目から興味が無かった」と、とにかく飲み会のトークに散々クレームをつけられた春日でした。

それなのに、その直後のフリートークで、春日、まさかの合コンネタを話し始めたのです。

「前原くんがね、久しぶりに飲みに行きましょうよと言ってくれて、中野のキャバレーにも行ってないんで、女子との飲み会をセッティングさせてくれませんかと言って」
「コンパってことですね」
「ええ、コンパでしょうね、全然大丈夫ですよって言って、んで、まあ、作ってくれたわけですよ。で、昨日の仕事が終わるのが、開始の時間に間に合わなかったの。私がね。で、もう、前原くんと栗ちゃんとかは中野でもう飲んでて、んで、まあ、遅れてるわけで」
「コンパの話ですよね」
「そうですよ、何だと思ってたのよ!」
「飲みに行ってなかったのよ、なんて、はぐらかそうとしてたから」

女性との合コンは、キャバクラの話じゃないからセーフだと思ったのか。
あれだけ散々駄目出しをされておきながら、その直後のフリートークにて、あえて、この話題を狙って話す春日って、相当な強心臓なんだろうか。

春「あは、ははは、ひさかたぶりに女子と飲みましょうって言って」
若「そういうのいらないのよ全然、前原のセッティングしたコンパに行ったって話だろ」
春「いや、そうよ、ね、いやだからコンパしたんだよ!そうよ!で、開始の時間まにあわなかったから、まあまあまあ、そのままいくわってことになって、荷物が多かったから一回家に帰ったんです。で、家に荷物置いて、服装も一丁羅じゃなかったから、お気に入りのね、その、ポロシャツを着ていこうと」
春日!早口!早口!言われたばっかり!
若「しらんわ!」
春「お気にいりのポロシャツがあったし」
若「どこのメーカーのポロシャツ?」
春「ふらっとぺり?ふれっとぺりーの、お気に入りの、王冠みたいなマークの、SMAPさんのコンサートに着てった服なんですけど、春日の中で、一張羅なんです。
それが、それに着替えたいってのがあって、一回家にかえって、着替えていこうとおもったら、前原くんから連絡があって、今から店を移動するんですって言うんです。店が決まったら連絡するんで、一回待機しといてもらっていいっすかねってことで。移動中に合流するのも大変だからって」
好きなポロシャツのメーカー、覚えておけよ春日〜。
友人との他愛ない会話でも、こんなトークが続いたら飽きるぞ!春日!
色々考えたのですが、私の頭の中に浮かんでいたのは、別のイメージでした。
最近若林がよく色んな場所で言ってる
「トークテーマをびっしり紙に書いてきて、赤ペンで更にアドリブを書き加えている真面目な春日」このイメージです。

春日は、このトークネタをびっしり紙に書いてきて、真顔で紙を握り締めて読んでるのかなぁ。
何度も読み返して頑張って練り直して、オチまでを何度も練習したんだろうなあ。
そう思うと、なんかもう春日が不憫で、可笑しくて、笑えてきて仕方ない。

「ああわかったっていって、そんで、ま、どうしようかなっておもって、NFLのゲームあるじゃないですか、プレステ3の。あれをちょっとやりつつ待とうとおもって、やりはじめたら、あのー、結構長い時間やっちゃって、気付いたら、一時間半やっちゃったの。その間に前原くんから連絡が来てて」
若「え、どういうこと?携帯が鳴ってたのに気付かなかったの?」
春「気付かなかったの、マナーモードにしてて」
若「女子とは合流してるの?その二人は」
春「女子とは合流してて」
若「何その理由、ゲームしてて1時間半って、腹立つわあ、そういうやつ!」
春「あるでしょ、わたしだって失敗したと思ってるんだから、急いで行こうと思っていったら…」

ここは若林が「相方の話に興味ある風にしてる」か。

その後、無事合流した春日だが、5:5のコンパで集まったお相手の女性達が「熟女好き故に」20代後半のシュッとした女性であることにがっかりしたと話すも、若林に一蹴される。
若「どっちなんだよ!結構美人だったの?かわいかったの?」
春「…シュッとしてた子だったよ、シュッとした子がいてさ…」
若「面倒くさいから、最初からそう話せよ!お前個人はどう思ったの!お前はその5人を見てどう思ったの?感想としては!」
春「…………可愛い子だなって」
若「ぎゃははははは!ぎゃははははは!」
春「…ってね」
熟女好きではないと絶対言わない春日。
「可愛い」と言わされても尚、「……ってね」と照れてごまかす春日。
ある意味凄いです。
春日は、オープニングトークで駄目出しされた己の欠点を、全て見事に盛り込んだまさに「トーク力1」の集大成とも言えるフリートークをしています。
自分でも、うすうす分かっては居るのでしょう。それでも、アドリブで逃げたりせず、ひたすら練習してきたフリートークを貫く、これはある意味、春日にしか出来ない技だよ!とすら思えてきました。

春「……思ったんだけども!そんなことよりも!
テンションがあがったことに、男のメンバーの中に、浜谷が居たのよ。
浜谷が居るのがうれしくてさ、浜谷が居るんだから……」

春「…なんで携帯見てるんだよ!
まてまてまてまておい!」
若「ん?なに?」
春「なんで今携帯電話を見たんだ!」
若「セコイっすよ春日さん!お前は全力で20代半ばの若い女の子にときめいたくせに!それをね、グランド整備するみたいに、浜谷のね。ケツがいい話だろどうせ」
春「まてまてまてまて!」

若林が作戦を変更してきます。
イメージとしては、アメフトで、ボールを抱えて走る春日を、若林が横から足をかけたりタックルして進行を妨げているような感じになってきました。

若「セコイっすよ春日さあん!勘弁してちょーよ!」
春「……内容的にはね、確かにそのとーり」
オチを先にバラすという、若林のブロックを正面から受けても尚、春日は進路を変更しない。
変更できないのか。あえてやらないだけなのか??

若「かいつまんで聞いちゃうけど、ほんとに!?女子に対する目線ゼロ、浜谷100になるわけ?」
春「100だね」
若「ゲイじゃねえか」
春「ゲイじゃねーよ、ちょちょちょ、あのね、これもだから説明したいんだけども、ゲイじゃなくて」
若「ほら、『ゲイじゃないんですよ』とかさぁ〜!
あははははは、ちょとまって、栗・前は春日の行動を見てて、浜谷100女子ゼロになったの?(彼らの返事を待つ)…浜谷には、いってるんだ」
春「ほら、ゲイじゃなくて、男ぼれするっていうか、坂本龍馬に男が惚れるっていうわけさ」

若林の鋭いタックルをたっぷり受けながらも、春日は若林ごとひきずってでも、更に熟女好きから浜谷話へと前進を試みる。

春「浜谷が気になるのよ。そんなこと(女の子)よりも話したいわけさ」
若「うん、……うん、……うん(ものすごく興味無さそう)」
春「だから……興味もってよ!!興味持って聞くって(番組冒頭で)言ったでしょうがよ」
若「なんかな!なんだろうな!『26歳の女めちゃくちゃに抱いた』っていう話聞きたいんだよ!中途半端なんだよ!こいつ!」
うん、わかる、予定調和なトークは要らない。
でも、あの春日は、絶対にそんなアドバイスに乗りはしません。
春「白ワインもすすんでいくと、わけわかんなくなってきて、浜谷と話したすぎてムラムラしてきて、でも進展しないわけよ。そのうちに時間も進んでいくじゃないですか、三時になっても何の進展もない……

その、後ろ向いたりするんじゃないよ!烏龍茶飲んだりよ!」
とうとう、言葉でのツッコミすら放棄し、ブース内でストライキを始めた若林。
そんな若林の粗いボケを放っておくこともせず、それらの行為をわざわざ拾って、逆にツッコミ返してる春日。
もはや、トークの内容などどうでもよくなってます。

若「いや〜、雨まだふってるのかなぁって」
春「関係ないだろ!かえりにやんでりゃいい話だからよぉ!」
若「で、濱ちゃんとしゃべりたかったわけね」
春「うん、王様ゲームが始まったわけよ」
若「そんな話をラジオでしないでくださいよ!急展開だなあ!」
春「はしょって話してるからね、女子とっていうわけじゃなくて、浜谷とっていう感じになってるわけですよ……
…ってこらあ!後ろ向くなよ後ろぉ!雨確認するな!」
春日の吠え声で、ブースの中の二人が容易に想像できます。

春「んで、なんとか浜谷と当たるように、裏工作じゃないですけど、当たった番号のサイン出しつつ、なんとか浜谷と
…なんで、お前、菓子持ってきたんだよ!」
若「王様ゲームをやってて、女子と当たりたいのがゼロなんですね」
春「ゼロですね、で、なんとか工作して、当たるんですよ。一個のグラスの飲み物を二つ指して飲むとかやって、テンションあがって」
若「王様ゲームもその程度のことしかやんないわけでしょ」
春「エスカレートしていきますけどね」
若「俺、フォローしたんだよ!」
あまりにも突っ込まれすぎて、正当なフォローにすらツッコミ返してしまう春日、もはや崩壊寸前。

春「まあ、あのね、いいじゃない、そのテンションじゃ終わらないでしょうが。浜谷と抱き合うとかになってくるわけですよ。だんだんだんだんその感じで私がやってるから、笑いが起きなくなってきちゃって、笑いにならなくなってきちゃったんですよ、そのころに時間がきちゃって、店を出ることになったんですよ。
私は浜谷と帰りたいわけですよ、どうにかしてね、…集中してくださいよ」
若「集中してますよ」
若林よ、明らかに集中してねぇだろ!
春「店を出て、帰ろうっていうときに、浜谷にこの後どうしよっか?っていったら、明日早いから帰るっていって、帰られちゃったんですよ。
……そういうお話」
かぶせるようにジングル。それにも笑いが込み上げてきます。

若「あははははは!そりゃ今村くん、トーク力1にするわ!」
春「絶対5に引き上げてやるからな!……1年で!」

「一年で」と弱く付け足す春日らしからぬ言葉に大笑い。
若林もリスナーもスタッフの笑い声もすべて振り払って、ひたすら迷走する春日。
タッチダウンした場所は爆笑の渦ではなかったでしたが。
トーク力1なのに、トーク内容以外のところでここまで笑っちゃうのは、春日だから、としか言い様がないです。

作家さんから「ボケ力5点」と評価をもらった若林と、「ツッコミ力5点」と評価をもらった春日。
ラジオでは真逆のトークを繰り広げる彼ららしく、今回の春日のフリートークは、オードリーの漫才を逆にしたようなトークだなと思いました。
若林のごくフツーのトークを、春日がメチャクチャなやり方で妨害する漫才の逆。春日のごくフツーのトークを、若林がメチャクチャにしてる面白さ。

彼らの漫才のスタイルも好き嫌いがあるように、このフリートークのスタイルも好き嫌いがあると思います。
私は、こんなトーク力1点の春日の、一番面白くないネタを改善するでもなく、全てをまるごと「ユニーク仕上げ」に味付けしちゃったオードリーANNの、悪ふざけっぷりが大好きです。

エンディング前のトークで、「オードリーANNが本になるかも」という話を若林がしていました。「リスナーの中にイラストレーターを」という、具体的な話まで出ていました。
民謡歌手も居るくらいだもの、プロアマ問わず、イラスト描ける方はリスナーにいらっしゃるだろうと想像します。
春日は「一年で出すのはまだ早い、内容の濃い分厚いのを出したいから」とおよび腰。
出せるときに出せば、年数はいいんじゃないかなぁ。
オードリーが必ずしもナイナイのANN本に倣う必要は無いんじゃないかな、と思ったりします。

ちなみにオードリーのANN番組本を阻止しようとしている人間が一人居るらしく。
若「今村くんです」
春「なんだよ、すげぇイイ奴じゃねえか、今村〜!」
若「春日さんのトークが、文字に起こすまでもないという判断です」
春「おいおいおいおい!理由は納得いかねぇなあ!」

どれだけ弄られても、決して屈することなく、痛々しくならない春日。いや、弄られれば弄られるほど、1点トークは笑いとなっていくばかりです。
「もういいよ熟女も浜谷も!」と彼のお尻を蹴りつつ、頑張ってくれよと心からエールを送りたくなる、これが春日の1点トークの魅力の一つかもしれません。
大胆不敵にも、「トーク力1点」のトークを、あえてメインにもってきて、一貫して春日を弄り続けた2時間、とても楽しかったです。
| オールナイトニッポン | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - | pookmark |
コメント
HPの写真は衝撃的でしたねーー!
小声トーク本読んでいても思ったのですが、春日って昔から平気で男の腰を抱きしめたり、腕や肩にボディタッチするのが好きなんじゃないかと思いますw
まさか………ほんとにホモ………

私もゾクっとしちゃいましたwww

二人に素敵な女性とのご縁があるよう、私も一緒にお祈りしたいです!!
| 愛 | 2010/11/07 9:19 PM |
愛さんこんばんは!
レポとっても楽しませて頂きました。ありがとうございます。
このANNの放送1番の衝撃は、浜谷さんが登場したシーンです。
どんだけ浜谷さんを愛しているのでしょう。笑えないレベルでゾクゾクっとしちゃあました。
HPの写真もまさにゲイ人のカップルでしたね。オーマイです!
彼女いないのかなぁ〜。
二人に素敵な女性とのご縁がありますように(>_<)。
アディオス!
| ブンタン | 2010/10/17 9:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chachara58.jugem.jp/trackback/316
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

WEB CLAP

ARCHIVES

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン96
クイック・ジャパン96 (JUGEMレビュー »)
若林 正恭,田中 圭,中村 珍,ジョージ 朝倉,土屋 太鳳,石川 直樹,鈴木 おさむ,ももいろクローバー,百田 夏菜子,諫山 創,新井 英樹,井上 智徳

RECOMMEND

RECOMMEND

クイック・ジャパン95
クイック・ジャパン95 (JUGEMレビュー »)
ももいろクローバー,百田夏菜子,中村珍,玉井詩織,佐々木彩夏,有安杏果,高城れに,山里亮太,清竜人,電気グルーヴ,石井光太,二階堂ふみ
鈴木おさむと若林との対談ページ有りv

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス)
M-1完全読本 2001−2010 (ヨシモトブックス) (JUGEMレビュー »)

オードリーのインタビューも写真もいい。タクシー運転手の原田さんが、敗者復活会場からオードリーを乗せたときのエピソードが楽しかったですw

RECOMMEND

ダイナマイト関西2010 first [DVD]
ダイナマイト関西2010 first [DVD] (JUGEMレビュー »)

副音声がバッファロー吾郎と若林って、絶対欲しい〜!スリムクラブ真栄田と若林との因縁の対決も見たい。

RECOMMEND

内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD]
内村さまぁ〜ず Vol.26 [DVD] (JUGEMレビュー »)

#80 「若林の悩みを是が非でも今すぐに解決したい男達」が収録されてます。若林の果てしない悩みと、うんざりするウッチャン達が超面白かった!

RECOMMEND

オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ)
オレンジ・アンド・タール (光文社文庫 ふ) (JUGEMレビュー »)
藤沢 周
再版にあたり、当書のファンである若林が解説を担当。11ページにわたるそうです。文庫本なのでお手軽なお値段なのも魅力。

RECOMMEND

ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2010年 12月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

表紙をはじめ、各写真が最高!記事も対談もコラムも面白い!

RECOMMEND

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ (JUGEMレビュー »)

中身充実。トーク本文はもちろん、注釈や二人の写真ギャラリー、後書に至るまで、素敵な一冊です。

RECOMMEND

クイック・ジャパン92
クイック・ジャパン92 (JUGEMレビュー »)
大場つぐみ,小畑 健,水谷豊,吉田豪,高須光聖,松嶋尚美,町山智浩,なばたとしたか,板尾創路,石川直樹,蒼井そら,麻美ゆま
オードリー36ページ特集有り。山ちゃんやウッチャンのコメントがいい。

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

splash!!Vol.3
splash!!Vol.3 (JUGEMレビュー »)
山里 亮太,オードリー,田中 卓志,サニーデイ・サービス,ジャルジャル,andymori,THE BAWDIES,伊集院 光,有吉 弘行,鳥居 みゆき,潜在異色
全192ページ中、潜在異色の記事が96ページもあります。若林&山里ロングインタビューは必見。

RECOMMEND

オードリーのオールナイトニッポン [DVD]
オードリーのオールナイトニッポン [DVD] (JUGEMレビュー »)

オードリーのANNファンなら
買って損は無し。
これを見たらますますラジオが楽しみになります!

RECOMMEND

RECOMMEND

オードリー DVD
オードリー DVD (JUGEMレビュー »)

ショートアメフト好きですv

隠しトラックにある、春日がネタ書いたコントもツボだったりします。

RECOMMEND

M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]
M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD] (JUGEMレビュー »)

決勝1本目の「引越し」は、
何度見てもヤバイくらいかっこいい。

RECOMMEND

ぜんぶウソ VOL.1 [DVD]
ぜんぶウソ VOL.1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

特典映像のDJ若林の哀愁がツボですw

RECOMMEND

原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD]
原口あきまさの波乱万場 ~Life of Comedians~ [DVD] (JUGEMレビュー »)

密かに若林がかなり映ってる。
春日vsシウバの戦いも必見。
隠れたオードリーコレクション。

RECOMMEND

RECOMMEND

READ

あわせて読みたいブログパーツ

Twitter

Counter

je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ
je-pu-pu 無料カウンタ

PROFILE

SPONSORED LINKS

RECENT COMMENT

  • 東の天然モンスター>東西芸人いきなり!2人旅 (前編)
    ゆり (05/07)
  • なぜ春日のトークは面白くないのか(原因究明編)>コレアリ
    hayuru (04/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    太朗 (03/18)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    じぇりこ (11/21)
  • お笑いルネッサンス>「戦慄の腰掛」ANN2011.10.22
    涼子 (11/20)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    じぇりこ (09/27)
  • 春日、人生のターニングポイントを迎えております!>オードリー・笑っていいとも卒業
    kazuchacha (09/27)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    愛 (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    母さんナース (08/22)
  • 私は舞台「芸人交換日記」を泣かずに観ました。
    みゆまま (08/22)

MOBILE

qrcode

LINKS

SEARCH